• TOP
  • 芸能
  • 中井貴一が語る武田信玄という因縁

芸能

2016.10.29 16:00  週刊ポスト

中井貴一が語る武田信玄という因縁

「『立花登』から数本は、時代劇は『大変』という印象しかありませんでした。支度は大変だし、セリフ回しも違うし、台本を理解するのも難しいですから。

 でも、後々に分かったのは、時代劇は役者の世界で唯一、継承されるべきものだということです。役者には徒弟制度はないと思っていて、感性のある者だけが生き残れる、サバイバル的な世界です。でも、時代劇は違う。
 
 先輩が後輩に教え、後輩がまたその後輩に教えていく。それは、役者だけじゃなくてスタッフも同じです。時代劇が無くなったら、その瞬間にその文化も消える。ゼロから新たに立ち上げるのは不可能です。脈々と続いていることに意義があるんです。

 時代劇の大切さに気づいたのは、四十を過ぎてからでした。テレビからシリーズものが消え、衰退がささやかれるようになった時、継承しようと思ったんです。あまのじゃくですから。

 僕らの世代が次の世代に残さなきゃいけないものがある。バトンを受け取る立場から渡す立場になった時、『お前ら、次の世代に渡してくれよ』という先輩たちの声が聞こえたような気がしたんですよ」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2016年11月4日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス