• TOP
  • スポーツ
  • 大学駅伝新3強の青学・東海・山学、旧3強との違いは

スポーツ

2016.10.29 07:00  週刊ポスト

大学駅伝新3強の青学・東海・山学、旧3強との違いは

關颯人が下田裕太を抜き去った

 大学駅伝の開幕戦となる出雲では、青学大が2連覇。3区で下田裕太(3年)が東海大の黄金ルーキー關颯人(せき・はやと)に抜かれ23秒差をつけられたが、4区の茂木亮太、5区の安藤悠哉の4年コンビが区間新の走りで逆転、エース一色につなぐ盤石の強さだった。

 一方、打倒・青学大を予感させたのは史上最強のルーキー軍団を擁する東海大。大学駅伝デビュー戦にもかかわらず1区・鬼塚翔太、2区・館澤亨次、3区・關の1年トリオの快走で一時首位に立った。

 ちなみにマニアの間で話題なのが「關の襷渡し」。4区の川端千都(3年)につなぐ際、襷を巻きつけた拳でガッツポーズ、さらにくるくる回しながら伸ばして渡すという技を見せた。關はレース後、ツイッターで佐久長聖高の先輩にあたる大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)の真似だったと告白している。

 2位の山学大は優勝への執念を感じさせた。トップと1分差で襷を受けたアンカーのニャイロ(2年)は31秒差まで縮める猛追。上田誠仁・監督の息子で1区を走った健太も区間2位の東海大・鬼塚と同タイム3位の好走だったが、レース後にツイッターに、

「久々に悔し涙出たわ。本当に優勝したかった」

 と投稿。本気だったのだ。この青学・東海・山学の「新3強」に対し、昨季まで優勝に近かった駒澤大が5位、早稲田大は8位、東洋大は9位と出遅れた。これを「旧3強」と呼ぶなら、新旧3強の差は何か。

関連記事

トピックス