芸能

佐藤浩市の長男・寛一郎が俳優デビュー 浩市はノータッチ

三國の告別式で遺影を持つ佐藤寛一郎(当時16才)

 佐藤浩市(55才)の長男である佐藤寛一郎(20才)が、来年公開の映画『菊とギロチン』で俳優デビューすることが明らかになった。

 滋賀県にある軽かる野の神社の境内の土俵で、歓声の中、まわしを締めた「女力士」たちが鍛えた体をぶつけ合う──。    10月中旬、来年公開の映画『菊とギロチン』のロケが行われていた。

 メガホンを取ったのは『64ロクヨン』などで知られる瀬々敬久監督。関東大震災発生後、大正時代の日本を舞台に、理想世界を夢見るアナキストと、活況を呈していた女相撲の力士との交流を描く意欲作である。

 主要キャストが22日に発表された。映画初主演の木竜麻生(22才)、共演に東出昌大(28才)や井浦新(42才)という豪華キャストが明かされるなか、ある出演者の名前を見て一部の芸能関係者は騒然とした。

「メーンキャストの『アナキスト古田大次郎』役に新人俳優の佐藤寛一郎が抜擢されたんです。プロフィールも事務所名も公表されていないのでマスコミはまったく注目しませんでしたが、実は佐藤浩市さんの長男なんです」(芸能関係者)

 知人によれば、祖父・三國連太郎、父・浩市の血を濃く受け継ぐ長身のイケメンだという。

「浩市さんの息子のデビュー作となれば注目されることは必至。しかし、今回の映画では親子関係は伏せることになりました。映画スタッフも配給、宣伝の関係者も徹底してその情報を隠しています。それは浩市さんと寛一郎さんからの強い希望だったそうです。“役者の子が役者を目指す”とはどういうことか、三國連太郎という名優を父に持った浩市さんには骨身に染みてわかっているからでしょう」(前出・芸能関係者)

 佐藤は三國の3番目の妻の長男として1960年に生まれた。艶福家として知られた三國は1972年に佐藤の母と離婚。その時、三國はまだ小学6年生だった息子に、こう告げたという。

「ここでお前と別れる。今日から他人になる。一切関係を断つ。これからひとりで一生懸命生きてくれ」

 三國との離婚後、母に内縁の夫ができ、実家に居場所をなくした佐藤は高校2年生で家を出て、喫茶店でアルバイトをしながら大学に進んだ。

 その後、父と同じ役者の道に進むことを決めた佐藤は、早稲田駅のホームに三國を呼び出し、「役者をやりたい」と思いを告げた。しかし、三國は「そうか」という一言だけ残してその場を立ち去った。以降も、自分と同じ道を志す息子を手助けすることは、一切なかった。

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン