• TOP
  • 芸能
  • 風邪を引くことができぬ職業の真矢ミキのシンプル予防術

芸能

2016.11.30 07:00  女性セブン

風邪を引くことができぬ職業の真矢ミキのシンプル予防術

真矢ミキのシンプルな風邪予防術とは?

 何かと体調を崩しやすい冬の時期。しかし、女優たるもの風邪なんてひいていられない! というわけで、真矢ミキさんが冬を乗り切る風邪予防法を教えてくれます。

 * * *
 秋から冬へと季節が移行していくこの時期、私のまわりにもお風邪を召しているかたがたくさんいらっしゃいます。今日のスタジオも、あっちでゴホゴホ、こっちでズルズル。

「いや~、今年の風邪はしつこいですよ」と口々に言うけど、その台詞、去年も一昨年も聞いたような…。ふむ。考えてみれば、しつこくない、あっさりした風邪が流行した年ってあったでしょうか…。

 宝塚時代から今に至るまで、私が風邪をひいてしまうと代役とか、それに伴う代役の代役とか!? まわりのかたに多大なるご迷惑をかけてしまうので、極力風邪はひけません。しかし、こういうお仕事をしているからこそ、予防することが難しい。

 マスクをして朝の情報番組に出るわけにはいかないし(ちょっとやってみたい衝動にかられますが(笑い))、また女優は風邪をひいているかたとラブシーンを演じることだってある。物理的な予防はほぼ不可能なわけで…。

 じゃあ、どうする? そう、風邪のウイルスの侵入を許さないように、ただただ自分の免疫力を上げておく。はい。シンプルですが、無敵です。

 まずは体を冷やさないこと。最近は薄くて暖かいレギンスがあるので、パンツスタイルのときは必ず下にはいています。だから秋冬物のパンツを買うときは「下にレギンスをはくゆとりがあるか?」というのも、選ぶ条件。

 自宅にいるときは、裏起毛のスエットパンツの下に、あったかレギンス。上も、薄くて暖かい肌着(まどろっこしいですね。わかりますよね、こんな商品(笑い))を着用。傍らには、愛犬のシュナウザーのぬくもり。見つめられる瞳もジンワリ心に染みて最強です。

 飲み物は、濃い色のハチミツをお湯で割り、生姜を入れたものを愛飲。ハチミツの殺菌効果と、体を温め免疫力をアップしてくれる生姜のおかげなのか、これを飲むようになってから風邪をひく回数は格段に減りました。あとは、ノニジュースとかでビタミンも。

関連記事

トピックス