• TOP
  • ライフ
  • WHO血圧ガイドライン改訂で多くの高血圧患者が作られた

ライフ

2016.12.08 07:00  週刊ポスト

WHO血圧ガイドライン改訂で多くの高血圧患者が作られた

WHOの血圧ガイドライン改訂の影響は

 高血圧と診断され降圧剤を服用するようになると、一生薬を飲み続けなければいけないのだろうか。北品川藤クリニックの石原藤樹院長は「降圧剤は必ずしも一生飲み続けるものではない」と話す。

「2001年にオーストラリアのマーク・ネルソン博士が雑誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション』に“特に生活改善の指導がなくても、42%の患者が降圧剤の中止後に最低1年間、正常血圧を維持できた”と報告しています」

 石原氏はかつて自らも降圧剤中止の経過観察を実施した。2009~2011年の3年間、50歳以上の男女50人を、降圧剤をやめたグループと治療継続をしたグループの半数に分けて観察。その結果、治療を継続した25人は全員正常血圧を維持し、降圧剤の服用を中止した人では25人中20人が正常血圧を維持していた。

 降圧剤をやめた後の生活改善の重要性が指摘される一方で、前述の『アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション』での報告では42%もの人が特に生活改善をしなくても正常血圧を維持している。ここに問題が潜んでいる。石原氏がいう。

「生活改善なしに正常血圧を維持している人の多くは軽症の高血圧の人たち。彼らはそもそも降圧剤を飲まなくてよかったのです」

 東海大学名誉教授で大櫛医学情報研究所の大櫛陽一所長もいう。

「1962年の世界保健機関(WHO)のガイドラインでは60歳以上に具体的な血圧値は定められていなかった。

 ところが1990年代に降圧剤の開発ラッシュとともに製薬企業が市場拡大を狙い、しのぎを削るようになった。それと時を同じくして、WHOも血圧のガイドラインを改訂し、『年齢にかかわらず上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上だと高血圧』とした。これにより新たに多くの高血圧患者が作り出された」

関連記事

トピックス