• TOP
  • ライフ
  • 医薬分業 医師と薬剤師が利益最大化で患者には二重搾取

ライフ

2016.12.16 16:00  週刊ポスト

医薬分業 医師と薬剤師が利益最大化で患者には二重搾取

 調剤技術料とは、薬剤師が薬を調剤する“技術”に対する報酬だ。中原氏が続ける。

「何が技術ですか。実際は医者が書いた処方箋に従って、棚から薬を出して袋に詰めるだけの作業が大半ですよ。薬学管理料は、薬剤師が副作用や薬の飲み方を患者に説明したことに対する報酬ですが、これも説明が尽くされているとも思えない」

 米山医院院長の米山公啓氏もこう話す。

「メリットであるはずのダブルチェックも患者側には実感しにくく、患者のことを思えば、“院内処方に戻すべきだ”との揺り戻しの動きが厚労省内で起きていると聞きます」

 患者は医師に処方箋を書いてもらうため自分の時間を奪われ再診料という余計なカネを払い、院外薬局でも不当に高い薬代を払わせられる“二重の搾取”を受けているのである。

※週刊ポスト2016年12月23日号

関連記事

トピックス