• TOP
  • ライフ
  • 女性に多い低温障害型感音難聴など突然起こる難聴4パターン

ライフ

2017.02.06 16:00  女性セブン

女性に多い低温障害型感音難聴など突然起こる難聴4パターン

突発性の難聴は大きく分けて4つ

 難聴というと老化による病気と思われがちだが、突然、耳が聞こえなくなる突発性難聴が、幅広い年代に増えている。放置すると聴力が戻らないこともあるため、「早期発見・早期治療」が治療のカギとなる。突然起こる難聴は大きく分けると4つ。JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長の石井正則さんと、日本橋大河原クリニックの耳鼻咽喉科専門医・大河原大次さんに聞いた。

◆20~40代の女性に多い、ストレスからの『低温障害型感音難聴』

【症状】
 突発性難聴のように急に起こる感音難聴だが、低音域だけに障害が起こる。耳が詰まった感じや、ゴーという低い耳鳴り、めまいを感じることがある。

【原因】
 疲れやストレス、生活の乱れ、睡眠不足が原因といわれる。

【治療と予防】
 突発性難聴よりも聴力は戻りやすく、投薬治療が中心。一度治ってもストレスなどで再発しやすい。

「めまいを伴わないメニエール病・蝸牛型メニエールともいわれていますが、再発しやすいのが特徴。原因となるストレス因子を取り除き、自律神経を整えると予防につながります」(石井さん)

◆受診が遅れると聴力が戻りにくい『突発性難聴』

【症状】
 ある日突然、極端に片方の聴力が落ちる感音難聴。耳が詰まったような感じや、キーンという高い音の耳鳴り、めまいを伴うこともある。

【原因】
 血流障害説とウイルス説があるが、まだ原因が明らかになっていない。

【治療と予防】
 感音難聴の中でも治りにくい。受診のベスト期間は発症から2日以内だが、できれば1週間以内に投薬治療を。2週間を過ぎると聴力が戻らない可能性が高くなる。

「突発性難聴になっても、片耳が聞こえることが多いため様子を見がちですが、治療開始が遅れるほど回復が難しくなるため、すぐに受診を」(大河原さん)。

「心身を休めながら治療に専念する意味からも、入院治療が望ましいです」(石井さん)。

◆大きな音で有毛細胞がダメージを受けて発症『(急性)音響外傷』

【症状】
 大音量で音を聞いた直後、耳が痛くなり、音が聞きづらくなる感音難聴。耳が詰まった感じが続く。

【原因】
 音を脳に伝える際、蝸牛の中の有毛細胞を振動させ電気信号へと変換させるが、大きな音によってダメージを受けると有毛細胞が働かなくなり起こる。

【治療と予防】
 薬物治療が中心。大きく傷ついた有毛細胞は元に戻らないことが多い。

「ライブなどで大きな音を聞いた翌日に、音が聞こえづらいと感じたら、受診を」(石井さん)。

「大きな音を聞くとわかっている場合や、大きな音を聞いて耳が痛いと感じるときは、耳栓を軽くしておくとよいでしょう。また、飲酒しながら大音量でのカラオケを2時間以上続けると、音響外傷になることもあるので注意して」(大河原さん)。

◆意外と多い、耳あかが原因の『耳垢栓塞(じこうせんそく)』

【症状】
 名前の通り、耳あかが外耳道を塞いでしまい、聞こえにくくなる伝音難聴。

【治療と予防】
 耳鼻科で耳あかを除去すればOK。耳掃除は本来必要なし。掃除のしすぎが原因になる場合もあるので注意。

 自己流の耳掃除で、耳あかを奥へと押し込んでしまうことが多い。外耳道に少しでも隙間があれば音は聞こえるが、完全に塞がった瞬間聞こえなくなることがある。

 入浴後に水分で耳あかが膨らみ、外耳道を塞いでしまうことも。耳に水が入り、粘性の耳あかが鼓膜に張りついて聞こえなくなることも。

※女性セブン2017年2月16日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス