• TOP
  • 芸能
  • マッツ・ミケルセンに世界で活躍するための必須事項を聞いた

芸能

2017.02.11 07:00  女性セブン

マッツ・ミケルセンに世界で活躍するための必須事項を聞いた

初日舞台挨拶のチケットは1分で完売のマッツ・ミケルセン

 現在公開中の映画『ドクター・ストレンジ』。「神の手」を事故で失った神経外科医のストレンジが魔術師となり、強大な敵に立ち向かうストーリーだ。

 初日舞台挨拶のチケットが、発売開始わずか1分で完売。入手できないと嘆くファンが続出したのは約半月前のこと。その日、みなが会いたいと願ったのが、この人、マッツ・ミケルセン(51才)だ。

 2012年にドラマ『ハンニバル』で、猟奇的殺人者ハンニバル・レクターの若かりし頃を演じ、その美しさと残虐性を秘めた演技で人気に火がついた。

 もしや恐ろしい人…? と思いきや、現れた彼はいたって温厚な人だった。183cmの長身をわざわざかがめて手を伸ばしたかと思うと、ニコッと微笑んで握手をする。

 今回の来日では親日家のうわさどおり、屋形船に乗ったり、日本酒や寿司、すき焼きを味わう姿がTwitterで話題となった。2年前には、歌舞伎役者・片岡愛之助(44才)の楽屋を訪問。彼の背筋の伸びた正座姿は、“美しい”と評判となった。そのことを伝えると、

「俳優になる前ダンサーをしていたから、膝が柔らかいんです。でも、正座を長くするのは大変ですね。足がしびれるし…、これってデンマーク人だけじゃないよね?」

 と言って、コカ・コーラのボトルを手に取り、ゴクリ。今回の映画では、家族を殺され、悪に転じた闇の魔術師を演じる。そう、またしても悪役!

「人はいろんな側面を持っているから、役柄の性格を模索して、掘り下げていくのがぼくたちの仕事。普段は気づかないような感情を、意識して使うようにしています」

 そう、役作りを語る彼に、世界的に活躍するために大切なことは何かとたずねると、少し考えながら答えた。

「自分が好きなことをするといいと思う。運がよければ、それを誰かが見ていて、活躍の機会をくれるかもしれないからね」

 取材が終わり、再度、手を伸ばした彼は、一瞬、躊躇した。

「ぼく、手が冷たいんですよ。心が温かい証拠ってデンマークでは言うんだけど、日本も同じですか?」

 終始、チャーミングな人柄の彼。この人のどこに悪役のあんな恐ろしい面があるのか。

撮影/森浩司

※女性セブン2017年2月23日号

関連記事

トピックス