• TOP
  • ビジネス
  • 主婦の「自分年金」iDeCo 家計節約にもなり一挙両得

ビジネス

2017.02.11 16:00  女性セブン

主婦の「自分年金」iDeCo 家計節約にもなり一挙両得

iDeCo活用で主婦の「退職金」に(パンフレットより)

 今後30年で、サラリーマンの「厚生年金」は約2割、主婦や自営業者の「国民年金」は約3割も減っていく。しかも、受給が始まる年齢は現在の65才から、さらに68才、70才へと先延ばしされていく…先の見えない年金不安に私たちの老後が大ピンチだ。

 日本の公的年金制度は、少子高齢化と政治家・官僚のムダ遣いによって破綻の危機に直面している。

 政府は年金額をどんどんカット。米調査会社の「世界の年金の信頼性ランキング(2016年)」では、日本は26位に沈んだ。中国(23位)、メキシコ(24位)、インド(25位)にも劣っている。

 もう公的年金制度は頼りにならない――そんな状況で“年金特効薬”として注目されるのが「iDeCo(イデコ)」という制度である。

 が、ほとんどの主婦がこの制度を知らないという。今年1月、ある証券会社が専業主婦に行ったアンケートによると、「iDeCoをよく知っている」と答えたのは2%。聞いたこともないと回答した主婦は84%だった。

 iDeCoの正式名称は「個人型確定拠出年金」。簡単にいえば「自分年金」だ。公的年金は信用ならないので、老後資金は自分で積み立てるという制度である。

「個人型確定拠出年金」制度は以前からあるが、主婦の加入は認められていなかった。iDeCoと命名されたのが昨年9月、そして実はこの1月に制度が変わり、主婦など多くの人が加入できるようになったのだ。60才になったら受け取れる「主婦の退職金」をあなたも作ってみませんか?

 iDeCoは加入者の仕事によって掛金の上限があり、専業主婦の場合は月々2万3000円までと決まっている。「年金博士」として知られる社会保険労務士の北村庄吾さんの解説。

「iDeCoの第一歩は“家計からどうやって掛け金を捻出するか”です。そのとき、将来の子供の学費や自宅のリフォーム代など、目的のある貯金分を減らして、掛け金に回すのはオススメできません。

 iDeCoは60才になるまで引き出せないので、学費や自宅改修費が足りなくなったら、元も子もありませんよね。

 掛け金は生活費や固定費の節約から捻出してはいかがでしょうか。不要な買い物を減らしたり、携帯電話代を見直したり、日頃の支出を抑えて、掛け金に回す。“主婦の退職金づくりのために月々2万円”と目標を作れば、節約も進み、iDeCo制度でも得をして、一挙両得です」

 積み立てられる額にも期間にも上限がある。できるだけ早く始めることが重要だ。

※女性セブン2017年2月23日号

関連記事

トピックス