• TOP
  • ライフ
  • 平均寿命は「一途な結婚生活」を維持した人のほうが長い

ライフ

2017.02.16 16:00  週刊ポスト

平均寿命は「一途な結婚生活」を維持した人のほうが長い

離婚のストレスは寿命にも影響?

“真面目な人が長生き”という因果関係を明らかにしたのは2011年に米国で発表された「長寿プロジェクト(The Longevity Project)」だ。

 スタンフォード大学の心理学者ルイス・ターマン教授が1921年、10歳前後の児童1528人を対象に調査を開始。その後、1980年代になってカリフォルニア大学の長寿学者ハワード・フリードマン教授が引き継ぎ、「性格」と「寿命」の因果関係を80年にわたって追跡する大規模調査に結実したのだ。

 そして1975年、アメリカの心臓外科医であるメイヤー・フリードマン氏が明らかにしたのは、「せっかちで競争心が強い」タイプはそうでないタイプに比べ、狭心症などの冠動脈疾患の発生率が2.24倍も高まるという事実である。

 健康長寿を実現するために、性格を柔軟に見直す可能性を求めるにしても、バランスは必要だ。精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏がいう。

「ストレスがたまって怒りを爆発させるようになると、攻撃的な性格になる。攻撃性はM.フリードマン氏の研究にある通り病気につながる要素になる。

 ただし、だからといって無理に社交的に振る舞ってもストレスが募るので、プラスになるとも限りません。むしろ一定の生活リズムを維持する方が、疾病の抑制につながると考えられます」

 こうしたリズムを維持するために必要な環境として強調されるのが、人生を添い遂げる妻との関係だ。

 1人の女性と生涯を添い遂げた男性と、浮気に走った男性の間には寿命に差が生まれる結果が出ている。

 ターマン氏とH.フリードマン氏の研究では、結婚生活が持続した人の大部分が70歳以上まで生きたのに対し、離婚経験のある男性ではその割合が3分の1以下。再婚した人と比較しても、一途な結婚生活を維持した人の方が平均寿命は長いという結果が明らかになった。再び岡田氏が解釈を補う。

「日本人男性でも離婚した人の平均余命(40歳時点)は妻のいる男性よりも9.7年も短い。女性の場合は両者の差がその半分ですから、離婚というストレスを経験すると特に男性は脆いのです。

 今後、がんを完全に克服して延びる寿命が3年といわれていますから、いかに結婚生活の維持が寿命を左右するかがわかります」

 一途であることが長寿への近道のようだ。

※週刊ポスト2017年2月24日号

関連記事

トピックス