ビジネス

ジャンボ機撮り続ける写真家 雁行撮影など貴重な体験語る

石川・小松空港に初めて就航したジャンボ機(1981年2月)

 1970年7月1日、日本航空が羽田~ホノルル線で就航させた大型旅客機「ボーイング747」──。“ジャンボジェット”と呼ばれた同機は従来の2倍の客数を乗せることができたため、1人あたりのコストが下がり、航空運賃が安くなった。すると、同年66万人しかいなかった海外旅行者は2年後に130万人と倍増、1990年には年間1000万人を超えるまでに膨れ上がった。

 写真家の青木勝氏は、日本人の夢だった海外旅行を身近にしたジャンボ機を46年間撮り続けてきた。24歳を迎えた1968年、「海外を飛び回る仕事がしたい」と一念発起し、スポーツニッポン新聞社を退社。フリーになって2年目に日本航空広報室が嘱託カメラマンを探していることを知る。

「当時は飛行機を専門に撮るプロカメラマンがいなかった。僕自身、飛行機に乗ったこともなければ、撮ったこともない。できるかどうかわからないけど、挑戦してみようと思いました」

 広告用写真を撮影するため、2機を同時に飛行させ、空に浮かぶジャンボ機をもう1機の窓越しから撮影した。

「ぶつかるんじゃないかというくらいすぐ横を飛んでいました。超ベテランパイロットが操縦していましたが、ものすごい技術だと思います。今では雁行して撮影するなんて贅沢なことはやらないので、貴重な経験でした」

 海外では、銃を持った警備員に監視されながらシャッターを切ったことも。

「社会主義国や中東諸国は、特に厳格でしたね。“日本航空のジャンボ機以外は一切撮るな”と命令され、風景を撮ることさえ許されませんでした」

 成田空港も1978年の開港当初、世界一セキュリティーが厳しいといわれていた。

「成田闘争の影響で全国から機動隊が集められ、空港周辺を数10メートル置きに取り囲んでいました。取材パスを持っていても、簡単に撮影させてくれない。シャッターチャンスの瞬間はこっちも必死なので“ちょっと待って!”と抵抗しながら撮ってました」

 日本航空以外にも世界中のジャンボ機を撮り続けてきた。

「飛行機は空を飛ぶことへの憧れの結晶。人類の夢が詰まったジャンボ機に乗れることは進歩の証でもある。僕はその魅力を写真でいつまでも伝えていきたい」

 エンジン数がジャンボ機の半分で、燃費性能や運航コストが優る双発機の登場により、現在では製造中止も検討されているボーイング747。その勇姿を目に焼き付けておきたい。

撮影■青木勝(写真集『Hello, Goodbye』イカロス出版より)

※週刊ポスト2017年2月24日号

関連キーワード

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン