ビジネス

SUUMOの物件紹介動画に不適切トーク混入で不動産会社謝罪

SUUMOに掲載された物件紹介動画の音声が波紋

「絶対ホテル直行やん」
「泊まりとかなっても、ヒャクパー(100%)せぇへん」
「包茎、臭いから?」

──関西弁の若い女性2人による、ちょっと赤裸々すぎる下ネタトーク。これが大手不動産情報サイト「SUUMO」(関西版)にアップされた物件紹介動画の音声なのだから、穏やかではない。

 動画は、大阪府豊中市にある何の変哲もない3階建て一軒家を紹介したもの。廊下、洗面所、室内の収納などを1階から順に映していき、見た人はネット上で物件を“内覧”できるサービスだ。

 下ネタトークの音声は、スマホで内覧動画を撮影していた女性スタッフが、同時並行でスピーカー機能を使って友人女性と電話をしていたために拾われたものと思われる。最初は実家を出るか出ないかといった穏当な会話なのだが、2階の畳部屋に入るあたりから内容はエスカレート。動画を撮影中の女性が「男見つけたらいいやん」「絶対ホテル直行やん。爆発やな」と盛り上げ、挙げ句は冒頭のように電話相手の女性の高校の先輩男性が「包茎」であることにまで話題は及んだ。

 思わぬかたちで流出した“女子のホンネ”は、ネット上で「包茎臭い動画」として拡散され、大炎上。なぜこんなことになったのか。

 実はこの内覧動画サービスは各地の不動産会社がSUUMOから枠を買ってアップするもの。今回の動画を撮影していたのはSUUMOのスタッフではなく、大阪府吹田市の不動産会社D社の社員だった。D社を直撃すると、

「音声はうちの社員の声で、アップする際の消し忘れです。申し訳ありません。本人もショックなのか今日は会社を休んでおりまして……」

 と平謝り。炎上を受け、3月6日に動画はHPから削除された。SUUMOを運営するリクルート住まいカンパニー広報担当の説明。

「動画は公序良俗に反しないものと取り決めているが、500万件以上ある物件動画をすべて人力でチェックするのは難しいのが現状」

 ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこういう。

「リクルート側にも、物件を売りたい不動産屋のつくる動画だからおかしなものはないだろうという油断があったのでしょう。まあ、まさか包茎の話をアップする不動産屋が出てくるとは誰も考えつきませんからね(苦笑)」

 一番の被害者は、思わぬかたちで“事故物件”となってしまった動画に出てくる一軒家の持ち主か。

※週刊ポスト2017年3月24・31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン