国内

籠池夫人が明かす稲田朋美大臣の「大変失礼なこと」の真相

籠池夫妻との関係は?(稲田防衛相)

 森友学園問題のキーマンといえば籠池泰典・理事長の夫人で「女帝」と呼ばれる諄子(じゅんこ)氏だ。

 国有地問題発覚後、最初にメディアに夫婦で登場した本誌・週刊ポストの独占インタビュー(3月3日号)でも、諄子氏は籠池氏の発言が言葉足らずと見るや、横から口を挟んでフォローする世話女房ぶりを再三発揮した。実は、この席で夫妻は証人喚問では語られない事実を本誌・週刊ポストに証言していたのだ。紙幅の都合で報じ切れなかった秘話を含めて夫婦の独占証言を改めて紹介する。

 インタビューの中で諄子氏の口調が感情的になったのは、質問が稲田朋美・防衛相に及んだときだ。

「アレ(稲田氏)はあかんなあ。言われたことをやっているという伝書鳩みたいな人やから、防衛大臣みたいな器やないんですよ。主人とケンカしたんですよ」

 籠池氏が慌てて妻の言葉を止めた。「それはま、ええやないの」──。

 稲田氏が議員になる前の2004年、夫が経営する法律事務所が森友学園と顧問契約を結び、森友側が起こした民事訴訟に稲田氏自身が代理人弁護士として法廷に立っていたことも明らかになった。稲田氏は籠池氏との関係について、「10年ほど前に大変失礼なことをされたことから、私からは関係を切っている」と説明している。

 しかし、諄子氏は稲田氏の名前を聞くと今も腹の虫が治まらないようだ。籠池氏の制止を聞かずにまくし立てるように語った。

「稲田朋美さんのパーティーやったかな。大阪のA(インタビューでは実名)代議士が壇上にあがっていて、『息子が稲田さんのお子さんと同じ学校で』とか、しょうもない話をするんですよ。私はガマンしきれなくなって、壇上に向かって『口だけ言うなや』と言うてやったんです。そうしたら大阪府議が飛んできて、『こういう席で議員に対して失礼やないか』とか、言われたんです。

 そのあとですよ。A代議士の事務所から、稲田さんの事務所に電話があったそうなんです。それで、稲田さんのご主人から事務所に一度来てほしいという話があったんです。私は、『なんで行かんといけんの?』って言いました」

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン