ライフ

歯磨き粉の誤解 「研磨剤」ではなく「清掃剤」表記に注意

あなたの歯磨き粉に関する誤解

 コンビニやドラッグストアで何気なく手にし、毎日使っている歯磨き粉。その選び方、使い方の“常識”は、実は間違いだらけだった──。自分の歯を守るために、何が必要なのか。昨年、週刊ポストの「やってはいけない歯科治療」シリーズで業界のタブーを暴き、大反響を呼んだジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。

◆一生懸命に磨けば白くなる?

 長年の喫煙やコーヒーなどで黄ばんだ歯は、なんとも年寄り臭い。そこで研磨剤入り薬用ハミガキをたっぷり付け、懸命に磨いた経験はないだろうか。

 シニア世代の歯を磨いて白くするのには限界がある。長年の歯磨きなどで、表面のエナメル質が摩耗し、奥にある黄色がかった象牙質が透けてくるからだ。

 また、研磨剤で強く磨くと悪循環の恐れもある。

「薬用ハミガキの研磨剤には粗いものがあり、それで強く磨くと歯の表面がザラザラになってしまいます。そうなると、タバコやコーヒー等のステインが余計に付着しやすくなるのです。

 歯科医院でクリーニングを受けると、歯の表面がツルツルになるので、ステインも付きづらくなります」(日本臨床歯周病学会、認定歯科衛生士・太田由美氏)

「研磨剤」ではなく「清掃剤」と表記するメーカーもあるので注意が必要だ。

 一方、薬用ハミガキの業界団体・日本歯磨工業会は次のような見解を示す。

〈歯磨の磨耗性が象牙質の磨耗に及ぼす影響は小さく、むしろブラッシングのときの圧力や歯ブラシの硬さのほうが影響が大きいのです〉(同会HPより)

関連キーワード

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン