• TOP
  • ライフ
  • 歯磨き粉の誤解 「研磨剤」ではなく「清掃剤」表記に注意

ライフ

2017.04.09 07:00  週刊ポスト

歯磨き粉の誤解 「研磨剤」ではなく「清掃剤」表記に注意

◆薬用成分はたくさん入っているほどいい?

 各社のハミガキ剤が競い合う「薬用成分」は種類が多すぎて、どれに効果があるのか判断に悩む。

 大半のハミガキ剤は「虫歯予防」か「歯周病予防」のどちらかに重点を置いているのはご存知だろうか。

「フッ素」は歯のエナメル質の再石灰化を促し、虫歯の発生と進行を抑制する効果が世界的にも認められている。ハイドロキシアパタイトも同様だ。

 これまで日本はフッ素の配合量の上限を1000ppmに規制していたが、3月に厚労省が欧米並みの1500ppmに引き上げることを決定した。

 歯周病対策としてプラークを分解・殺菌する薬用成分が、デキストラナーゼ、塩化セチルピリジニウム、トリクロサンなどだ。専門家の中では、バイオフィルムに浸透殺菌するとして、イソプロピルメチルフェノールが注目されている。

 また歯周病の炎症や出血を抑制する成分として、トラネキサム酸、β-グリチルレチン酸、カミツレチンキなどがある。

 ただし、薬用ハミガキの大半が発泡剤や研磨剤、清涼剤で占められ、薬用成分の配合量は限定的であることを頭に入れておきたい。

※週刊ポスト2017年4月14日号

関連記事

トピックス