ライフ

ホタテのオレンジ色の部分 カドミウムが検出されたことも

食べると「通」とは言われても…

 好みは分かれるところだが、好きな人はたしかにいるし、「その部分」を味わってこそ“通”といわれることもある。それこそ、「海老の尻尾」や「サンマのはらわた」などが挙げられるだろう。しかし、そんな「食のこだわり」が危険を伴うケースもある。

 海洋汚染によって「食べてはいけない部分」が作り出されるケースもある。近年、有害物質であるPCB(※注)の人体の有害性が世界的に問題視されている。

【※注/電気絶縁性、不燃性の特徴を持つ合成油「ポリ塩化ビフェニル」の略称、およびその化合物の総称。海洋で微小なプラスチック粒子に付着し、魚などに食べられることで汚染を拡大している】

 米国ボストン在住の内科医・大西睦子氏が言う。

「国際がん研究機関は“人に対して発がん性がある”と指摘し、肝臓や消化管、神経を損傷するリスクにも触れています。カニやロブスターといった甲殻類の内臓などの柔らかな緑色の部分に蓄積しやすいと言われています。PCB汚染が進んだ海域で捕れたカニのミソ(内臓)などはリスクが伴うかもしれません」

「イタイイタイ病」の原因となった重金属のカドミウムも海に漂う“毒”である。カドミウムは人体に取り込まれると排出されず、PCB同様に発がん性物質となる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)
ロッテとトラブルの白井一行球審の素顔 AKB48の大ファンで推しは大島優子
週刊ポスト
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」
国会議員の本当の支払明細書を公開 「月100万円しか」どころじゃなかった
週刊ポスト
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン