国内

東京五輪バレー「東洋の魔女」 先輩の背中流した思い出

1964年の東京五輪バレーボール金メダリスト・千葉勝美さんが当時を回想(イラスト/アフロ)

 かつて日本の経済成長は右肩上がりで、未来は希望に満ちていると信じられた。そんな1960年代の想い出を、1964年の東京五輪バレーボール金メダリスト・千葉勝美さん(73才/旧姓:松村)が語った。

 * * *
 東京五輪の女子バレーボールの人気は、ものすごかったですね。

 決勝のソビエト戦は、優勝の瞬間を見逃すまいとテレビの前に人が集まるから、道路に歩行者も車もなかったといわれていました。テレビが一家に1台の時代ではなかったので、テレビのあるお店に人が大勢集まったそうです(日本のスポーツ中継史上最高視聴率の66.8%を記録。ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 私たち選手は、金メダルを取る自信に満ちていて、プレッシャーはありませんでした。それだけ厳しい練習をこなしていましたし、一心同体の強固なチームワークがありました。

 遠征では、旅館に泊まりました。まだホテルより旅館が多かった時代だったんです。お風呂もみんなで入りました。そこで先輩の背中を流したりするわけです。旅館のお風呂が狭いときは、銭湯に行ってました。

 今は、ホテルの個室で済ますんじゃないでしょうか。選手が毎回みんなでお風呂に行くなんてないでしょうね。銭湯だって、今は少なくなってしまいましたね。裸のつきあいといいますけど、やっぱり大事ですよ。

※女性セブン2017年5月11日・18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン