国内

NPO法人運営の八王子の樹木葬墓地 里山保全の狙いも

自然のなかにある「東京里山墓苑」

 もはや「お墓」といっても、墓地に墓石がズラリと並ぶものだけではない。都心のビルの中に墓地があったり、「樹木葬」もある。今回は、樹木葬墓地が存在する東京都八王子市にある東京里山墓苑をノンフィクションライターの井上理津子氏が訪れた。

 * * *
 前回、日本で初めて1991年に樹木葬を始めた岩手県一関市の知勝院を訪れ、スケールの大きさに驚いた。山野草が咲く、里山全体が樹木葬の墓地。

「自然を再生し、守る」という大命題の手段として「木を目印に、コンクリートも墓石も使わないエコな墓」が造られていた。遺骨をじかに穴の中に埋葬する方法のため、故人が「土に還る」ひいては「木となり花となる」ということをリアルに感じられ、とても魅力的だった。

「私の始めた樹木葬とは全く理念の異なる墓地が、樹木葬墓地と名乗っていることに困惑しています」と、樹木葬の名付け親である知勝院先住職・千坂げん峰さんがおっしゃったが、「樹木葬」はさまざまな形態に広がりを見せている。

 今回は都市部近郊の樹木葬墓地に足を運んでみた。知勝院の理念に「近い」と感じた「里山タイプ」が、東京都八王子市の東京里山墓苑だ。車で向かった。中央道の八王子インターチェンジから20分余り。

 幹線道路を折れると、農地や雑木林が見えてくる。その先の深い緑に包まれた丘陵地に、別荘のような建物がぽつり。東京里山墓苑を持つ日蓮宗・延寿院である。

「都心から1時間なのに、『本当に東京?』のような環境でしょう?」

 本堂に隣接する、冬場に活躍したであろう薪ストーブのある休憩室で、墓苑の事務局長・白石亘さん(45才)が笑顔で迎えてくれた。コードレーンのジャケットがお似合いでおしゃれな人だなあと思ったら、もともとはウェブデザイナーだったという。

「なぜ、樹木葬を?」と、つい経歴を聞きたくなるのが、私の癖だ。

「最初の入り口は葬儀社でした」と、白石さんは言う。

 15年ほど前、寺院や葬儀社のホームページのデザインを手がけていたが、消費者目線のホームページにしたいと思っても、「葬儀料金は提示できない」が不文律。疑問を持った。料金の明示化などを大手葬儀社の社長に提案し、転職。葬儀社社員として、葬儀の現場と企画室業務を兼任し、生前契約、エンディングノートなどを提案していく中、海洋散骨や樹木葬の存在を知った。海洋散骨は各地の港から散骨を行う船の手配などをシステム化し、事業化。

「小さなお子さんが亡くなり、東京ディズニーランドに連れて行ってあげられなかったからと、ディズニーランド近くの海に散骨されたご家族」がいたことが忘れられない。「故人の記念に」と、東京都が実施していた「マイ・ツリー(寄付で都内の街路樹を植える事業)」を葬儀社から遺族にプレゼントする企画も打ち出し、好評を得たそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン