芸能

冬ソナ監督「日本で映画を撮ったことは日韓交流に有意義」

冬ソナのユン・ソクホ監督が日本で映画を撮った意味とは

 日本での韓流ブームのきっかけとなったドラマ『冬のソナタ』から13年。監督のユン・ソクホが初めて手がけた映画『心に吹く風』(6月17日より全国順次ロードショー)が公開される。ユン・ソクホ監督に話を聞いた。

 * * *
〈『韓流』という言葉ができて早13年。日韓情勢がいまだ難しい問題をたくさん抱える中、韓国では新しい時代を切り開くニューリーダーに政権交代した〉

『冬のソナタ』で、私自身が韓流ブームのきっかけになれてうれしかったのですが、当時ある政治家に、「日韓の関係は『冬のソナタ』の以前と以降に分けられる。自分たち政治家がどれほど外交的に努力をするよりも、ドラマ1本でこれだけの結果を残せるなんて…」と言われたことが、今でも記憶に残っています。『冬のソナタ』がそういう役割を担ったと知ったことが、文化コンテンツには、すごい力があるのだと知るきっかけにもなりました。

 でも、今また政治の影響で文化が縮小されている。それがとても残念でなりません。やはり、文化と政治は別であってほしいといつも思っています。今回、日本で映画を撮ったことは、もちろん自分自身のやりたいことでもあったのですが、日韓の文化的な交流の面からも、すごく意味のあることだと思っています。

〈監督なら誰しも、自分の世界観を持っているものだが、監督が何より大切にしているのが『美』だ〉

 韓国では、真(真理)と善と美がとても重要視されています。例えば、ミス・コリアを選ぶ際にも、この真善美を基準に選ぶのですが、その中で、特に私は美、美しさに最も価値を置いています。美しさには真理や善が自然についてくると思っているので、常に人々に美しいものを見せたい、伝えたいと思っています。

〈生態系が崩れたり、環境破壊や自然が壊れたりすることも、人の心とつながっていると考えている〉

 人の心が汚れると自然や環境も汚れます。今回の作品でも描いていますが、私は人々の心も自然の一部だと思っています。人の心の動きによって自然にも影響を与えるし、人々の心がきれいになれば自然や環境もきれいになる。だから、美しいものを見れば、自然と人々の心も美しくなると思うのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン