• TOP
  • 国内
  • NHK 政権の空気読む「静かな籾井さん」が局内に多数存在

国内

2017.06.15 16:00  週刊ポスト

NHK 政権の空気読む「静かな籾井さん」が局内に多数存在

局内に「静かな籾井さん」が増殖中?

 加計学園問題では、読売新聞が前川・前文科次官の「出会い系バー通い」を“追及”したことが記憶に新しいが、そうした「政権批判封じ」は公共放送・NHKでも起きていた。

〈官邸の最高レベルが言っている〉──前川喜平・前文科事務次官が「本物」と認めた文科省の内部文書の存在の第一報は朝日新聞(5月17日付朝刊)のスクープと世間では思われがちだが、実は最初に報じたのはNHKである。

 5月16日の夜に放送された『ニュースチェック11』で、「内閣府の担当者が文科省側に、加計学園の獣医学部設置を前提としたスケジュール作成を指示した文書がある」と報じたニュースのなかで、その実物が示されていた。

 ところがこの映像では、翌朝に朝日新聞が一面トップで大きく取り上げた〈官邸の最高レベル〉というセンセーショナルな文言が、なぜか消されていたのである。

 ところが、翌日になると態度が変わる。朝日新聞が朝刊で文書を公開すると、民進党の玉木雄一郎氏が国会で、この文書について追及。同日の夕刊で産経や毎日など各紙も後追いした。するとNHKは同じ日の『ニュースチェック11』で、黒塗りを“解禁”して報じたのである。

関連記事

トピックス