芸能

又吉直樹が小学生の頃『無縁坂』を聴いて涙した理由

又吉直樹とさだまさしの接点は?

 累計300万部突破の芥川賞作『火花』に続き、小説2作目『劇場』も好調な売れ行きが続くお笑い芸人の又吉直樹。その又吉が『劇場』と同じ時期に書き下ろした「もう一つの意欲作」が出版関係者の間で話題となっている。

「執筆はちょうど『劇場』の締め切りに近い頃だと思いますが、又吉さんはさだまさしさんの小説に解説を書き下ろしました。今や作家としてだけでなく、本の目利きとしても評判の又吉さんは、帯文はたくさん書いていますが、解説の書き下ろしとなると、芥川賞受賞後は初めてのことだそうです」(出版関係者)

 先日、出演したバラエティ番組で、「本の帯に推薦文を書きすぎて先輩から苦情を受けた」とのエピソードを明かした又吉。西加奈子氏や平野啓一郎氏、村田沙耶香氏ら名だたる作家の作品にも多数推薦文を書いている。しかし、短い推薦文に比べ、解説を書くとなると、そう簡単な作業ではない。

 いったいどのような内容なのか。又吉が解説を書いたのは、6月上旬に発売された、さだの『ちゃんぽん食べたかっ!』(上下巻)。さだの自伝的青春小説で、長崎で天才と称されたヴァイオリン少年が単身上京し、挫折の上、故郷へ逃げ帰り、意外な道を歩み始めるという物語だ。同作の第一印象について、又吉はこう書いている(以下〈〉内は同作「解説」より)。
 
〈読み終えたときに僕の胸に満ちたのは、「いろいろあるけど、世界っていいものだなぁ」という、言葉にすると漠然としてしまうのだけれど、たしかなぬくもりと優しさがもたらしてくれた心地のいい感覚だった。このぬくもりと優しさは、そのままさだまさしさんが過去を振り返るときの、あるいは誰かと接するときの眼差しなのだと思う〉

 自伝的小説であるがゆえに、又吉は同作がもたらす「ぬくもりと優しさ」は、さだ自身の過去を振り返るときの眼差しに依拠していると分析。さらに自伝について、こう持論を展開している。

〈世の中を憎んでいる人が自伝を書けば世界に対する呪いのようなものができるかもしれないし、変態が自伝を書けば目にした街の風景や手にしたコーヒーカップでさえもエロチックに描かれるかもしれない。その人の人生に何が起こったのかということと同じくらい、その人が世界を見ている視点が自伝には反映される〉

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン