ライフ

29連勝の藤井聡太四段 中学生らしからぬ達筆が評判

中学生らしからぬ達筆との評判(写真:時事通信フォト)

 デビュー以来無傷の公式戦連勝街道を歩み続け、6月26日、ついに歴代単独1位となる29連勝を成し遂げた藤井聡太四段。彼が「14歳とは思えない」と形容される理由は、強さや謙虚さだけでなく、“字のウマさ”にもある。「大志」と揮毫した扇子が、販売開始わずか30分ほどで完売したことが話題となったが、男子中学生らしからぬバランスの取れた筆致が目を引く。あるプロ棋士が話す。

「棋士という仕事は、自分の字について意識する機会が多い。ファンの方に色紙や扇子への毛筆でのサインを求められるからです。将棋連盟には『書道部』という月1で毛筆の練習をするサークル活動まである」

 棋士たちの間で“字のウマさ”が気にされるようになったきっかけは、羽生善治三冠の登場だという。

「羽生さんのグッズが最初に販売されたとき、扇子を見たファンから“個性的な字”という評価が集まった。要は字があまり上手ではなかったのです……。何をやっても目立つ羽生さんだけに、“影響力”は大きく、それ以降の若手棋士は字を気にする人が増えた」(同前)

 たしかに羽生三冠の文字を見ると、バランスの取れた文字とは言い難く、藤井四段より明らかに“個性的”だ。それを見て、藤井四段も練習を重ねたのだろうか。『棋士とAIはどう戦ってきたか』などの著書があるルポライター・松本博文氏はこういう。

「人気の棋士になるほど揮毫する機会は増えますから、自分の書く文字を気にする傾向が強くなる。とくに名人や竜王のタイトルを取れば、日々の仕事として、アマチュア有段者に発行する段位免状に毛筆で署名を入れなければなりません。免状をもらう側にとっては一生の記念品ですから、下手な字ではガッカリされてしまう。そこで、渡辺明竜王は女流棋士でもある書道師範・石橋幸緒さんに字を習っていました」

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン