芸能

お天気キャスター・斉田季実治 時折「ハズす」のが魅力

NHKニュースウォッチ9のHPより

 毎日の空模様が気になる季節、それだけにお天気キャスターの存在は大きい。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
「人気高まる“お天気おじさん”」。そんな見出しが目に飛び込んできました。オリコンが発表した「第13回好きなお天気キャスターランキング 総合トップ10」に異変が生じているらしい。

 ランキングを見てみると、ベスト10内に入った女性キャスターは阿部華也子(6位)、井田寛子(10位)のたった2人。その他はたしかにお天気「おじさん」がズラリ、並んでいるではありませんか。

 1位は天達武史。「とくダネ!」(フジ系)の「アマタツー!」の方。2位は木原実、3位は依田司、4位は蓬莱大介、5位は森田正光。ここまでに女性の姿はゼロ。時代の変化を映し出しているのでしょうか?

 しかし、私は納得できない。10位までの結果を見て「冗談じゃない~!」と叫んでしまった。「なぜ、あの人が入っていないの?」と。梅雨のじめじめした季候の中、あの人が伝えてくれる前線の位置や高気圧の動きこそが、一陣の爽やかな風になる。そう信じてやまない。

 その人とは、NHK『ニュースウォッチ9』で天気予報を担当する斉田季実治(さいたきみはる)さん。

 斉田さんの物腰は、淡々としてクール。物静か。ちょっと抑え目。一歩控え目。「自分が、自分が」という主張を感じさせない。何と言っても、その「過剰ではない」ところが、いい。冷静沈着、きっちりと落ち着いた口調。さすが、報道記者出身だけあります。

 でも、堅物ではない。ふと垣間見せる、遊び心。例えば、季節感に敏感なファッションセンス。堅苦しくなる背広はほとんど着ない。ジャケットとシャツ、パンツ、ネクタイを丁寧にコーディネートしています。

 少し丸くなってきたお顔ですが、『ニュースウォッチ9』のメンバーになった頃から上手に体重を絞り体型をコントロールしてきている。そうした的確な自己演出も、遊び心あってこそ。客観的に自分を見つめている余裕を感じます。

 真面目で冷静。だからこそ、時折見せる「ハズす」瞬間が、実にオチャメ。さらりと「冗談」をやってのける。先週の天気予報コーナーでは大きく両手を広げて、自分自身が「梅雨前線」となってみせた。そのボディーパフォーマンスに、桑子真帆キャスターは笑い転げていました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン