芸能

五月みどり 円山町のホテル経営を思い立った悲しい思い出

五月みどりがホテル経営に乗り出した理由とは?

  倉本聰脚本で話題の連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で女優として活躍する一方、毎月のようにステージに立って歌い続ける五月みどり(77)。初ステージから61年。今も華やかな魅力を放つ五月だが、その人生は波乱に満ちていた──。

 精肉店を営む父親は、自分で作った芝居小屋に役者として立つほどの芸事好き。そのため、五月は6歳から日本舞踊を習い続け、16歳の1956年に『ものまねのどじまん』(ニッポン放送)で優勝。同年に初ステージを踏み、芸能界入りへの扉を開いた。

 とはいえ、すぐにデビューに辿り着いたわけではない。レコード会社の廊下の椅子に座り、声をかけられるのを待つ日々が続く。そんなある時、多くの歌手やダンサーとともに、ベトナムに40日間の興行に出向く仕事が舞い込んだ。

「旅客機ではなく貨物機で行ったんですよ。窓はないし、中は貨物だらけ。私は振袖姿で、家でお母さんに結ってもらった髪に簪をいっぱいつけて、合計30時間以上乗っていました。簪を外したら、自分で元に戻せなくなりますからね(笑い)」

 空港に降り立つと、一人だけ華やかな衣装をまとう五月に一斉に視線が注がれた。

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
悲観ムード一色の中国経済 コロナ封じ込め成功なら下期V字回復あるか
悲観ムード一色の中国経済 コロナ封じ込め成功なら下期V字回復あるか
マネーポストWEB