芸能

西内まりや 恋人とIKEAで家具物色、同棲を決意か?

西内まりやが噂の彼と同棲準備?

 週末になれば客でごった返す大型家具量販店でも、平日は人もまばら。そこにスタイル抜群の美男美女カップルが現れたら、どんなに変装しても目立っちゃうのはしょうがない。

 6月末のある日、スウェーデン発祥の家具ブランド『IKEA』の港北店(神奈川)にいたのは西内まりや(23才)とイケメンモデルの呂敏(ろびん、27才)。ブルーのTシャツに膝丈の黒いチュールスカート姿の西内は、目深に黒いキャップを被り、季節外れのマスクで完全装備。一方の呂敏はサングラスに黒のTシャツ、黒のハーフパンツだった。

 昨年8月、本誌スクープで発覚した実力派モデルふたりの熱愛。夜の公園でキャッチボールし、ドライブ中に「車チュー」したりとアツアツぶりをみせていたが、交際はその後も順調のようだ。

「ソファのコーナーを時間をかけて見ていました。特に大型のものの前で、“こっちのほうが座り心地いいじゃん!”って楽しそうにふたりでキャッキャ。そのあとは収納棚のコーナーで、メジャー片手に店員とサイズがどうとかって真剣な顔つきで相談していました。プラスチックの収納ケースや観葉植物を買っていました」(居合わせた客)

 話はそこで終わらない。ふたりは呂敏の自宅マンションから大量の荷物を運び出すと、車が向かった先は西内の自宅マンションだった。

「交際も1年を超えて、同棲を決意したみたいです。これまでは頻繁にお互いの家を行き来していましたが、西内さんは本業のモデルに加えて女優としても歌手としても大忙し。彼と一緒に過ごせる時間を少しでも長く取りたいという思いが強いみたいですよ」(芸能関係者)

 新生活のスタートは上々のよう。

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン