国内

幼少期の藤井四段 指し手熟考しながら歩き、側溝に落ちた

将棋を始めたのは5才の時という藤井四段

 名古屋駅から電車を乗り継ぐこと40分。瀬戸焼の陶器で有名な愛知県瀬戸市は今、“聡太一色”に染まる。

〈聡太くんにメッセージを書こう〉。名鉄尾張瀬戸駅前の商業施設では、こんなプラカードとともに、市民からの祝福メッセージが壁一面を埋め尽くす。

 市役所に行けば、目に入るのは〈快挙 公式戦連勝新記録樹立 歴代単独1位〉という巨大な垂れ幕。

 6月26日の増田康宏四段(19才)との対戦で、前人未到の公式戦29連勝を達成した最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14才)のフィーバーが止まらない。

 7月2日の佐々木勇気五段(22才)との対局で惜しくも敗戦。連勝記録は29で止まったが、ワイドショーは連日、彼の一挙手一投足を報じ、全国紙でも一面をジャック。日本中で“聡太グッズ”の売り切れが相次ぎ、将棋教室への入会者が激増している。空前の将棋ブームをもたらす天才少年はどう生まれたのか。その原風景を探した。

 瀬戸市内の閑静な住宅地に建つ淡いクリーム色の住宅。庭には3mを超えるクロガネモチの木が青々とした大きな葉を茂らせる。

 藤井四段はこの家で育った。メーカー社員の父は現在単身赴任中で、専業主婦の母・裕子さん(47才)と4才上の兄とともに暮らす。

「小さな時から活発な子で、よく庭のクロガネモチに上って遊んでいました。本も大好きで、日本昔話や童話を読み聞かせていましたね」

 こう話すのは、実家のすぐ隣に住む藤井四段の祖母・育子さん(75才)。

 最初の転機は幼稚園だった。藤井家が代々通う幼稚園では、19世紀にイタリアで生まれた「モンテッソーリ教育」を推進する。

 子供が本来持っている“成長する力”を最大限に尊重し、周囲の大人は子供が自発性や感性を発揮するようサポートする教育法で、米国のオバマ前大統領やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツらも幼児期にこの教育を受けている。

 藤井四段は色紙の組み合わせを自分で考えて作る「ハートバッグ」が大好きで、3才の時から何個も作っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン