芸能

森高千里 26年の時を超えて「幻のライブ写真」を発掘

森高千里の幻のライブ写真を発掘公開

 1991年8月22日、渋谷公会堂。デビューから4年あまり、22歳の森高千里が行なったツアーの未発表映像や音源、写真などが、26年の時を超えて、所属事務所やレコード会社の倉庫から発掘された。

 そのツアーは、直前に発売されたリミックスベスト『ザ・森高』を受けてのもの。「ザ・ミーハー」「臭いものにはフタをしろ!」「雨」など選曲はもちろんのこと、衣装を彩るスパンコールの量もMAXで、まさに当時の彼女のベストを表現したステージと言っていい。

 なにより印象的なのは、森高が発散する“楽しくてしょうがない!”というオーラだ。汗と一緒に飛び散っているさまが見えるようで、キラキラでド派手な衣装を上回る輝きを感じさせて余りある。

 またその輝きは、何よりライブを重視していた森高が、ステージで大きな充実感を抱いていた証。裏を返せば、ファンも同じかそれ以上の喜びを、ライブで得ていたということでもある。

●もりたか・ちさと/歌手。1969年4月11日生まれ、熊本県出身。1987年「NEW SEASON」でデビュー。「17才」「私がオバさんになっても」「渡良瀬橋」ほか代表曲多数。1999年から育児のため活動を制限し、2011年からライブを再開、徐々に活動を広げる。

 1991年の未発表ライブ映像を収録した『「ザ・森高ツアー」1991.8.22at渋谷公会堂』は7月26日発売。森高が購入者の名前を書いた直筆サインのプレゼントなど超豪華特典付きの6枚組(ブルーレイ+3UHQCD+2LP)完全初回生産限定BOXは1万9800円。ブルーレイ盤(+2UHQCD)は5940円、DVD盤(+2UHQCD)は4860円。

撮影■木村晴

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン