芸能

『アタック25』 苦労が多い問題作り、年間8000問から厳選

『パネルクイズ アタック25』の問題作りの秘密

 1975年の放送開始から、42年続く長寿番組『パネルクイズ アタック25』(テレビ朝日系・朝日放送制作)は、民放で唯一の視聴者参加型のクイズ番組。何より重要なのが問題だ。

 専属のクイズ作家12名から収録3週間前に、問題約150問が集まる(年間で約8000問!)。それをもとに、スタッフ、作家で会議を行って問題を厳選。収録10日前の「問題読み上げ会議」ではスタッフが音読した問題をもとに、さらに精査する。最終的に約50問に絞り込む。

 題は専用の問題用紙に印刷され、加藤明子アナ(41才)の手元に。加藤アナは、問題のポイントとなる単語に抑揚を付けるなどして、解答者にわかりやすく読み上げることを意識しているという。

 問題と答えに間違いがないか、6人の問題チェッカーが作成された問題を持ち帰り、入念に事実確認を行う。収録当日にも彼らは、ダブルチェックのためスタジオと調整室の2組に分かれてスタンバイ。

「解答者の解答が正解かどうか判定しづらいものがあった場合は、収録を止めることもあります」(番組プロデューサー・渡邉拓史さん)

 構成作家・高見孔二さん(66才)は、番組スタート時から問題作成に関わり、27年前からは番組全体の構成も担当している。

「番組でいちばん苦労しているのは問題作り。単に難しい問題ならいくらでもできるんです。でも、それだと誰も答えられなくて番組の流れも停滞するし、解答者も気落ちする。そうじゃなく、正解して“やった!”と喜んでもらって、それでおもしろい問題を作るのがポイントです」

“簡単な問題を作ることこそ難しい”という高見さんが意識していることがある。

「クイズの作り方でこだわっているのは、“えっ、そうなんや!”ということ。テレビで見て知って、次の日にそのことをしゃべりたくってしょうがないという問題がいちばんおもしろい。たとえば、セキセイインコに関する問題。あれ、背中が黄色と青なんで“背黄青インコ”と書く。それを知ると“そうなんや!”とテンション上がるでしょう」

 42年続く番組の長寿の秘訣についてはこう語る。

「クイズだけじゃなく、パネルがあるから。別の解答者が他のパネルを消すことで展開が変わる。そのダイナミズムがおもしろい。クイズに絶対強い人が勝つわけでもないのです」

撮影/辻村耕司

※女性セブン2017年7月27日号

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン