国内

顔面フル装備防衛大臣に「無神経さがにじみ出ている」

度重なる「撤回とお詫び」に怒りが爆発

 女性セブンの名物還暦記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中の様々なトピックにメスを入れる! 今回のターゲットは稲田朋美防衛大臣です。

 * * *
 8月初めの内閣改造の目玉は、何といってもこの人の首。都議選の応援演説でありえない言葉をした後、口をきゅっと閉じ、「ですから誤解を招きかねない発言をしたことを撤回し、お詫びしたい」と木で鼻をくくったよう。この発言に激怒した人は多かったはず。

 防衛大臣になって以来、ずっとだもの。どういうつもりかお詫び会見のたびに人の気持ちを逆なでよ。キレ気味の表情から、心から謝っていないのはミエミエで、それだけでもムカつくのにメイクがさらに目障りなんだわ。

 二重に見せるためにアイテープを貼って、太めのアイラインを引き、派手なまつげエクステをして口紅はラメ入りピンク。

 12年前に373票の微差で衆議院議員に初当選したときは、眉毛を整えマットな口紅を引くくらい。ほぼ丸腰だったのよ。この変わりようを彼女がふつうのオバちゃんなら、「あか抜けして」とほめたかも。

 でも自分の不始末をお詫びする58才の防衛大臣だよ。顔をフル武装するのは、テレビカメラに映る自分の顔が第一だからで、この顔で釈明された国民の気持ちには思いが及ばない。その無神経さがテレビ画面からにじみ出ているんだって。

 これは本人が言っていることだけど、もともと政治に関心がなく、夫が買っていた保守系の雑誌や新聞を読むようになったとか。

 そこに投稿をし始めたら安倍総理の目に留まり、衆議院議員になってからはトントン拍子。3度の選挙を経て5つの大臣を歴任し、昨年の夏には防衛大臣。

 まさに永田町の出世の大階段を王子に手を引かれて上りつめた“政界のシンデレラ”よ。でも本人がシンデレラ気取りになると話は別。「緊張感をもって」という毎度おなじみの釈明の言葉とは裏腹に、調子に乗っているとしか思えない。

 とにかく笑いながらミサイルを撃ちこんでくる国があるというのに、国内向けの「撤回とお詫び」はもう聞きたくないよ。

※女性セブン2017年8月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト