ライフ

「クソリプおじさん」の広くて深い闇 尻職人も悲痛な叫び

尻職人がおっさんに反論(写真:アフロ)

 グラビアアイドルの「クソリプおじさん」コラムがネットで話題を呼んでいる。なぜおっさんは若い女性にクソリプを送ってしまうのか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が考えた。

 * * *
 断言しますが、SNSを使っているおっさんは、例外なく「クソリプ」をしています。私もきっとたくさんしてしまっています。「俺は大丈夫」「俺は気を付けている」と思っている人ほど、その悪質性も繰り出している頻度も高いと思ったほうがいいでしょう。

「クソリプ」とは「クソなリプライ」の略。もともとはツイッターで誰かに充てて送られるリプライの中のクソなものを指しましたが、今ではフェイスブックやインスタグラムのクソなコメントのことも含まれます。「クソ」呼ばわりされるのは、送られたほうが心底ゲンナリしたり、あまりの空気の読めなさに呆れたりするから。

 グラビアアイドルの倉持由香さんが、7月26日にアップされた「BLOGOS」の連載コラムで「クソリプおじさん」への怒りを爆発させました。彼女のまたの名は「尻職人」&「グラドル自画撮り部部長」。ツイッター上で日々、自らの100センチの尻にフォーカスした自画撮り写真を頻繁にアップして世の男性にたくさんの喜びや癒しを与えてくれています。

 コラムのタイトルは〈「おっぱい見せて」クソリプおじさんに悩まされ続ける26万フォロワーの尻職人〉。クソリプがいかに心にダメージを与えるか、いかに多種多様なタチの悪さを持っているか、怒りを炸裂させながらもシリ滅裂ではなく理路整然と解き明かしています。おっさんとしては正座して拝読したいところ。もちろん若者がクソリプを送っているケースも多いでしょうが、そんな奴は年齢に関わらず立派な「名誉おっさん」です。

 秀逸なのは、クソリプおじさんを野球のポジションに例えた図。守備位置ごとに「ピッチャー/行けないな~おじさん」「キャッチャー/自炊しろおじさん」「ショート/自分語りおじさん」「ライト/おっぱい見せておじさん」などと名付けられています。図のタイトルが、なぜか「クソリプで打線組んでみた」になっているのは、まあご愛嬌ですね。

 尻職人の悲痛な訴えから「クソリプおじさん」にならないための心得を学びましょう。おっさんとしてとくに心に刻みたいポイントは、たぶんこの3つです。

1.正論を振りかざしておせっかいな助言をするべからず

2.得意ジャンルだからといって無駄に張り切るべからず

3.相手の気持ちを無視した自分アピールをするべからず

 1.の「正論を振りかざしておせっかいな助言はするべからず」は、彼女が富士そばの写真をアップしたら「自炊しないとダメですよ」「野菜が足りてないですよ」と言ってくるような人に学びたいポイント。「なぜそれがクソリプなの?」と思ったあなたは、かなり重症です。本人は理由や好みがあって食べているのに、見ず知らずのおっさんにダメ出しされるいわれはありません。

 彼女はコラムの中で〈そういうおじさんは、会社で女性社員がファミチキ食べてたりしたら「太るよ」とか「肌荒れするよ」とか言うんでしょうか!? そんな社会生活を送っていたら女性社員から嫌われちゃうと思うんですけど。〉と書いています。まさにそのとおり。相手がタレントや著名人だと、面と向かって言えないことを言ったりいきなり強気になったりする人は少なくありません。たいへんみっともないので厳に慎みましょう。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン