• TOP
  • ビジネス
  • 牛肉偽装告発者「私をヒーロー扱いしたメディアは所詮観客」

ビジネス

2017.07.30 07:00  週刊ポスト

牛肉偽装告発者「私をヒーロー扱いしたメディアは所詮観客」

 告発後に直面した問題は、大手がうちとの取引からどんどん撤退していったこと。いつの間にかケンカの相手が業界全体になっていったわけですわ。マスコミは背中を押すけど、戦いのリングに上がるのは僕だけ。

 結局、翌2003年には西宮冷蔵も休業に追い込まれた。カンパを募ってなんとか翌年に再建にこぎつけたけど、2014年にまた休業になってしまって、今もまたカンパを募る日々ですわ。

 米国やったら公益通報者は報奨金がもらえるけど、日本にはない。それで資金が回らなくて叩き潰されてしまった。

 うちの会社が休業になって以降は、ごく一部の継続的に取材してくれる社を除いて、マスコミはみんないなくなりましたわ。その後僕がどうなったかなんて彼らのメシの種にはならんのよ。

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事

トピックス