国内

菅田将暉は和式トイレで用足せず…数減少で高齢者の健康に影響

和式トイレが使えないと告白した菅田将暉

「できないんですよね。うんこ座りって、かかとをつけた状態で。(体が)硬いんですよ」。『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、こう語った菅田将暉(24才)に、共演者の有田哲平(46才)は思わず「できるできないとかないじゃん!」とツッコミ。しかし、いざ実演してみると、座った途端に菅田は後ろ側へカエル跳びしていく…。和式トイレでは、不知火型の横綱の土俵入りのように両手を上げ、爪先立ちの姿勢でなければ用を足せないという。

 水洗の和式トイレが日本で初めて設置されたのは、明治35(1902)年の帝国ホテル。大正時代、関東大震災の復興を機に下水道整備が進み、和式トイレの需要が拡大した。だが、その状況を一変させたのが1960年代の洋式トイレの登場である。

「住宅公団に洋式トイレが採用され、一般家庭にも洋式が一気に普及していきました。それに伴い、和式トイレは減少の一途を辿っています」(日本トイレ協会の佐竹明雄さん)

 便器の出荷数を見ても明らかだ。日本衛生設備機器工業会(現・日本レストルーム)の調べによると、和式トイレの出荷数は1980年に40%だったのが、1990年に17%、2000年に7%、そして2010年にはわずか2%にまで落ち込んでいる。

「やはり洋式は腰掛けるだけなので楽です。それに排泄物が飛び散りにくく、掃除もしやすい。施工も簡単で、洗浄水の量も和式が12リットルに対して洋式は約6リットルと、節水にも役立つというメリットがあります。もちろん、和式にもいいところはあります。排泄物が目視できるので健康状態を把握しやすいとか、便器に直接肌を触れなくていいという点です」(前出・佐竹さん)

 とはいうものの、一般家庭で和式トイレを見かけることはほとんどなくなった。都内の小学校のベテラン女性教諭(51才)は嘆く。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン