国内

菅田将暉は和式トイレで用足せず…数減少で高齢者の健康に影響

和式トイレが使えないと告白した菅田将暉

「できないんですよね。うんこ座りって、かかとをつけた状態で。(体が)硬いんですよ」。『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、こう語った菅田将暉(24才)に、共演者の有田哲平(46才)は思わず「できるできないとかないじゃん!」とツッコミ。しかし、いざ実演してみると、座った途端に菅田は後ろ側へカエル跳びしていく…。和式トイレでは、不知火型の横綱の土俵入りのように両手を上げ、爪先立ちの姿勢でなければ用を足せないという。

 水洗の和式トイレが日本で初めて設置されたのは、明治35(1902)年の帝国ホテル。大正時代、関東大震災の復興を機に下水道整備が進み、和式トイレの需要が拡大した。だが、その状況を一変させたのが1960年代の洋式トイレの登場である。

「住宅公団に洋式トイレが採用され、一般家庭にも洋式が一気に普及していきました。それに伴い、和式トイレは減少の一途を辿っています」(日本トイレ協会の佐竹明雄さん)

 便器の出荷数を見ても明らかだ。日本衛生設備機器工業会(現・日本レストルーム)の調べによると、和式トイレの出荷数は1980年に40%だったのが、1990年に17%、2000年に7%、そして2010年にはわずか2%にまで落ち込んでいる。

「やはり洋式は腰掛けるだけなので楽です。それに排泄物が飛び散りにくく、掃除もしやすい。施工も簡単で、洗浄水の量も和式が12リットルに対して洋式は約6リットルと、節水にも役立つというメリットがあります。もちろん、和式にもいいところはあります。排泄物が目視できるので健康状態を把握しやすいとか、便器に直接肌を触れなくていいという点です」(前出・佐竹さん)

 とはいうものの、一般家庭で和式トイレを見かけることはほとんどなくなった。都内の小学校のベテラン女性教諭(51才)は嘆く。

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン