スポーツ

横田真一プロ、地獄の時代に妻・穴井夕子の叱咤激励で復活

新婚の松山英樹の妻を待ち受ける苦労とは?

 プロゴルファーの松山英樹(25才)が、東北福祉大学ゴルフ部時代の後輩である一般女性と今年の1月に入籍していたことを発表。更に7月には第一子も誕生した。

 プロアスリートの妻は大変な責務があると言われるが、アメリカツアーを回る松山の妻ともなればなおのこと。そして、ゴルファーは体が資本のため「体調管理」も妻の大切な役割となってくる。家を離れている時は食事を管理できず、日頃からの意識づけが必要となる。2000年に横田真一プロと結婚したタレントの穴井夕子(43才)が言う。

「夫は体調維持のために腸内環境をよくする食事を大切にしているので、調味料などは無添加で揃えて、最近では低温調理などで工夫しています。また大豆から自家製のみそを作ったり、ジャムを手作りしています」

 厳しい勝負の世界だけに、妻のメンタルサポートも重要だと語るのは、ある人気プロゴルファーの妻・A子さんだ。

「ウチの夫は成績がよくても悪くても態度が変わらないので助かっていますが、その代わり私も常に態度を変えないよう心がけています。『どうしてあんなプレーをしたのか』と私がイライラすることもあるけど、その愚痴は友達にぶつけて主人の前では笑顔でいます(笑い)」(A子さん)

 結婚後、穴井夫婦が最もつらかったことは、2006年に横田が手首の不調などからシード権を失ったことだろう。シード権とは、翌シーズンのツアー出場権のことで、これを失うと予選から試合に出場しなければならず、苦しい戦いが続く。プロゴルファーにとってシード権のあるなしは、天国と地獄といっても過言ではない。

「一度シード権を失うとなかなか主戦場に戻るのは難しい。主人は『終わってしまった。無職になった』と大きなショックを受けていました。食べることが大好きな人なのに『スーパーのランクを落としていいよ』と言ってきたのは驚きました」(穴井)

 収入減に備えて、夫の唯一の趣味だった車を数台売却。穴井は落ち込む夫を叱咤激励し二人三脚で復活を目指した。

「夫が石川遼くんのサイン入り帽子を嬉しそうに飾っていたので、『パパ、一応先輩だよね』と発破をかけたこともありました。お陰様で翌年にシード権を再取得し、2010年のキヤノンオープンで復活優勝を遂げた時は夢のようでした」(穴井)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン