ライフ

まるで酒が飲める待合室!? 鉄道ファン人気の鶴見線駅前の店

仕事を終え、リラックスムードで憩う客で店内はいっぱいだ

 JR鶴見線には「高架下が廃墟ムード」、「ホームが海の上のよう」といわれる駅があったりする。しかも鶴見駅を除いて、すべてが駅員のいない無人駅であることなどから、全国的に鉄道ファンの人気が高い。

 と聞くと、乗降客が少ないのかと思ってしまうが、鶴見線沿いには工場や事業所が多いため、朝夕の通勤時間帯は都心と変わらぬ満員電車状態を呈するのだ。

 と同時に、この電車を利用するそんな人々に人気の角打ちの名店が、この沿線にはいくつかある。鶴見駅から二つ目の鶴見小野駅の目の前にある『伊勢屋酒店』もその一つ。「『無人駅なのに酒が飲める待合室があるんだね』なんて、冗談を言って、喜んでくれるお客さんもいます」と、2代目主人の服部宏昭さん(46歳)が言うように、常連客はだれもが“駅前”というより“駅ナカ”の気分でいる。

 改札口前に立つ2本の桜の老木越しに、18年前に先代が改装したという、酒屋とは思えぬ、一見高原ロッジ風の屋根看板が迫る。だがその店内は、立派な酒屋で、右半分が40人は楽に飲める角打ちスペースになっている。

 もし、ドローンで真上から覗いたら、まるで迷路型配置がされたように見えるだろうカウンターが、縦横斜めに勝手気ままに並んでいるだけ。壁には神棚が祀られ、つまみの乾き物が商品棚に並ぶ。

 そんな、パッと見は素っ気ない店に、夕方になると沿線の工場などから仕事を終えた男たちが、鶴見駅まで行かずにわざわざ途中下車し、緊張を解いた優しい顔で集まってくるのだ。v

 この店の客は、どうやらみんな、鉄道ファンではなく、角打ちファンのようだ。

「角打ちは10分くらいでさっと帰るのが粋なんだってことはよく知っています。でも、来たときは、いつも2時間以上いますね。だって、落ち着けちゃって、帰る気がしないんだもの。“粋”を気にしていたら、“息”が抜けないですから(笑い)」(50代、製造業)

先代が元気だった頃からの15年来の馴染みです。今の2代目はその当時は目立たなくてね。この先大丈夫かと心配してたんですよ。それがどうです。愛想はいいし、気配りは細やかだし。客としては、うれしくてたまんないです」(60代、建設業)

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン