ライフ

伝説の将棋メシに「ビフテキと粥」「ミカン30個注文」など

「ひふみん」が鰻重を注文し続けたことは有名(撮影:河野公俊)

 近年注目を集めている将棋。プロの公式戦は午前10時に開始して、終わるのは日付が変わることも多く、1局指し終えると体重が約2キロ減っていることもあるという。さながら「盤上のアスリート」だが、1日がかりになるために気になるのが棋士の食事事情だ。歴代1位の29連勝を果たした藤井聡太四段の対局で、報道陣が出前のご飯を追いかけたのも記憶に新しい。

 漫画『将棋めし』で監修を担当している広瀬章人八段は、対局時の食事について「全体的にエネルギー補給の意味合いが強くなっていると思う。とはいえ、タイトル戦で当地の名物があれば優先している」と語る。佐藤天彦名人もタイトル戦で当地の名物を食べるのを楽しみにしており、「普段の対局では、おいしいと思うメニューを気分に合わせて注文している。休憩時間は対局から少し離れて頭と体を休める時間と考えている」という。棋士にとって食事は対局時の大事な要素なのだ。

 棋士の食事に関心が集まるようになった歴史はかなり古い。現在から80年以上前に、新聞の観戦記で、観戦記者の倉島竹二郎氏が対局風景を記すようになったことが始まりである。将棋が古くから続いている伝統なら、記事で棋士の食事を記すこともまた昔からの伝統なのだ。

 今でも語りぐさなのが、食事が取り上げられ始めたころの1935年、実力制の第1期名人を決めるための特別リーグ戦。その開幕戦、対局者の花田長太郎九段は、昼食にビフテキに粥という妙な取り合わせの食事を取った。花田は「栄養をつけるならビフテキに限る」という食通だが、対局中はあまり食事を取らない棋士だった。それだけに、ビフテキからは大一番へかける意気込みが窺えた。棋士が何を食べたかは、その時々のコンディションやモチベーションを表すことがあるわけだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン