• TOP
  • 国内
  • 「安倍ヤメロ!隊」完封するため最強「安倍応援団」組織登場

国内

2017.10.16 16:00  週刊ポスト

「安倍ヤメロ!隊」完封するため最強「安倍応援団」組織登場

最前列で「ヤメロ隊」をがっちりガードする“防衛隊”

 そのシュプレヒコールを聞くと安倍晋三首相の血圧がハネ上がるといわれる。人呼んで「安倍ヤメロ!隊」の行動を完封するために、官邸と自民党は最強の「安倍応援団」を組織した。

 総選挙の公示前、首相は遊説先も日程も事前に公表しない隠密行動をとった。

「党本部などに新聞記者を名乗って日程を聞き出そうとする不審な電話が何度も入り、『ヤメロ隊』ではないかという声が上がったからです。彼らからのヤジを避けるため、非公表にした」(自民党関係者)という。しかし、メディアや警察にも直前まで知らされなかったため、報道や警備にも支障が出ると一転、日程公表に踏み切った。そこから抗議行動を封印するための準備が行なわれた。

 公示日の10月10日、安倍首相は震災被災地である福島市郊外の田園地帯で第一声をあげた。

「地元の農家には総理の遊説が終わるまで稲刈りはしないでほしいという要請があったそうです。ヤメロ隊も収穫前の田んぼには立ち入れないから、前の道路を厳重に警備すればいいということです」(政治部記者)

 翌11日には首相は静岡のJR焼津駅前で街頭演説に立った。自民党のスタッフは動員された地元企業の制服を着た支持者たちに〈YES安倍政権〉などと書かれたプラカードを配り、「安倍さんが到着したらこれを掲げてください」と念を押す。

〈安倍政治を許さない〉というビラを持った男性2人には、自民党陣営の男性支援者が「ここに来るのはやめなよ!」と羽交い締め。女性支援者は「静岡の恥よ」とビラをとりあげて丸めた。

関連記事

トピックス