• TOP
  • 国内
  • 仲人立てるのは1%未満 簡素化する結婚式に親世代戸惑う

国内

2017.11.01 16:00  女性セブン

仲人立てるのは1%未満 簡素化する結婚式に親世代戸惑う

“盛大にやるのが筋”と親たちは嘆くが…(写真/アフロ)

 近頃は結婚式が簡素化し、“ジミ婚”が主流となっている。1996年には6割以上の新郎新婦が立てていた仲人は、20年後の2016年には1%に満たない数まで減少している。また、お色直しの回数も1980~1990年代は2回以上が一般的だったが、現在は1回未満。そればかりか、上司の挨拶すらない…どんどん簡素化し、様変わりする結婚式に、親世代は戸惑いを隠せない。

「夫婦ともに海外ウエディングが理想だったけれど、親は猛反対。『そもそも飛行機に乗りたくない。親族へのお披露目ができない、地元でやってくれ』の一点張り。おめでたい話のはずが、大げんかになってしまった」(30代男性)

 ウエディングプランナー・大和田浩子さんも、親から相談されることがあると話す。

「身内の葬儀に会社の上司が駆けつけてくださったのに、結婚式に呼ばなくていいのか、準備してくれたかたがたに心づけをしなくていいのかなどを心配する親が多い。悪気がなくても親が礼儀を欠いていると思われるから、と」

 戸惑う親たちのために、結婚式の総合雑誌『ゼクシィ』は親向け結婚関連サイト『親ごころゼクシィ』や付録雑誌『親専用ゼクシィ』など親向けのコンテンツを展開中だ。それほど、親子と結婚式をとりまく現状には、ギャップがあるのだ。

 子供にとってはもちろん、必死に育ててきた親にとっても人生でいちばん大事な1日であることは間違いない。だからこそ、つい口を挟みたくなってしまうのだ。子供たちは、そんな親の思いをときに迷惑がりながらも、きちんとくみ取っている。前出の大和田さんが言う。

「時代とともに流行が変わる結婚式の演出ですが、親への感謝を表す演出だけは、廃れたことがありません。バージンロードはお父さんと歩きたいとか、お色直しの中座はお母さんとにしたいとか、最後のお手紙も『泣いちゃいそうで嫌だな』なんて言いながら、だいたいのカップルは希望されるんです。

 親の方も、最初は『何も話してくれなくて…』などと文句を言いながらも、式が終わると『晴れ姿が見られてよかった』と涙ぐんでいます」

 親への感謝を示し、ふたりの新しい門出を祝ってもらう大事なイベント。その気持ちだけは変わらないようで。

※女性セブン2017年11月9日号

関連記事

トピックス