国内

座間事件の白石容疑者 その過去と実家の不気味な目張り

座間事件の容疑者と被害者の接点は?

 目の前には小田急小田原線の線路が走る。東京都心から約1時間。朝のラッシュ時間には、6分に1本のペースで満員電車が通り過ぎていく。築30年の木造アパートがカタカタと揺れる。2階のワンルーム、家賃は2万円ほど。部屋には電気コンロ1台と流し台だけの小さなキッチンが付き、部屋の中央にあるハシゴを上ると狭いロフトがある。5畳ほどの部屋に、生温かい異臭が満ちていく。まさに戦慄の部屋である。

 10月31日、警視庁に死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27才)は、「自宅アパートで死体を解体した。体から削いだ肉や内臓はゴミとして捨てた」と供述しているという。部屋からは、クーラーボックス3つと、コンテナボックス5つ、ノコギリが発見された。

「クーラーボックスの1つは玄関に置かれていたそうです。捜査員がフタを開けたところ、腐敗の激しい人間の頭部が2つ入っていました。部屋の中には、他にも箱が7つありました。その中からさらに7人分の人間の頭部が見つかりました。他のボックスには手の骨ばかり、また別の箱には足の骨ばかりなど、無数の骨を部位別に入れていたようです。におい消しなのか、猫のトイレ用の砂が大量にまぶしてあったそうです。遺体は少なくとも女性8人、男性1人でした」(捜査関係者)

 すぐにアパート前にはワンボックスの捜査車両が何台も駆けつけた。捜査員は異臭が漂うボックスを抱えて、次々に車に積んでいった。

 事件発覚のきっかけは、東京・八王子に住む女性(23才)が行方不明になったことだった。

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
(写真/GettyImages)
花粉症の薬、安易に服用し続けることのリスク「急に乱暴に」「認知機能低下」の例も
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン