「女性は軽い知的障害を抱えていたようです。中学校の途中から学校に通わず、自宅で引きこもって生活するようになりました。最近、ようやく障害者が通う作業所で働き始めたのですが、21日夕方に作業所に姿を見せたのを最後に行方がわからなくなりました」(全国紙記者)

 女性は20日昼過ぎ、ツイッターにこう書き込んでいた。

《死にたいけど一人だと怖い。だれか一緒に死んでくれる方いましたらdm(注:ダイレクトメール)ください。 こちら23の東京です。車ある方だと嬉しいです。》

 女性の兄が24日、警視庁高尾署に「妹の行方がわからない。連絡も取れない」と届け出たことで捜査が始まった。

「兄が妹のパソコンを調べたところ、ネットで男性と連絡を取り合っていた。その男性が、白石容疑者だったようです。女性と白石容疑者は23日、アパート近くの小田急線相武台前駅やJR八王子駅で一緒にいるところが、駅の監視カメラで確認されました。そこで、警察が白石容疑者のアパートに踏み込んだところ、複数の遺体が見つかったんです」(前出・全国紙記者)

「殺害した女性はすべて30才未満。一部の女性には性的乱暴をしてから殺した」と容疑者は供述しているという。

◆“気の優しい子”だった白石容疑者

 少なくとも9人の遺体が発見された現場アパートは、都心から約50kmの神奈川県座間市にある。戦後、進駐してきた米軍が基地「座間キャンプ」を置いたことで知られ、高度経済成長期は自動車産業を基幹に発展した。現在は、都心から約1時間という立地の典型的なベッドタウンだ。

 白石容疑者は、そんなどこにでもあるような郊外の街で生まれ育った。現在の自宅アパートから車で約15分のところに、白石容疑者が幼少期から社会人になるまで暮らした実家がある。25坪ほどの土地に建つ2階建ての一戸建てだ。近隣住民が言う。

「お父さんとお母さん、妹さんの4人家族で暮らしていました。25年ほど前に一戸建てを建てて、一家で引っ越して来ました。お父さんは大手自動車メーカーの下請けで部品を製造したり、設計したりする仕事をしていたようで、この辺りではごく普通の家族という印象でした」

 白石容疑者は実家近くの地元の公立小学校、中学校を卒業し、高校に進学。その後、実家を離れてひとり暮らしを始めたという。

「お父さんは息子さんのことをよく話していましたよ。“気の優しい子だ”とか、“今夜は息子が帰ってくるから一緒に飲みに行くんだ”などと、嬉しそうに話していましたね。娘さんが有名私立大に進学してから、奥さんが娘さんと暮らすと言って家を出られたんです。別居ですよね。それで、お父さんは優しい長男をかわいがっていたんだと思います」(前出・近隣住民)

 白石容疑者は今年年初まで東京・池袋に住んでいたようだ。仕事は、ネオン街・新宿歌舞伎町での「スカウト」だった。スカウトとは、街行く若い女性たちに声をかけて、“仕事”を斡旋する男たちのことだ。スカウト業経験者が語る。

「キャバクラやスナック、クラブなどの飲食店でホステスとして働かないかと、街を歩く女性たちに手当たり次第に声をかけて、スカウトするんです。もし女性が働いてくれることになれば、女性の売り上げの何割かが毎月、その担当スカウトにお店から支払われるか、紹介料を一時金で受け取るシステムです。ただし、飲食店に紹介するだけでは、そこまで稼げません。売り上げがほしいなら風俗です。ヘルスやソープランドで働く女性をスカウトできれば収入も大きい。それで月に100万円、200万円と稼ぐスカウトもいます」

 女性に声をかけるのは、たいがいは陽が落ちて、街のネオンに灯りがともってから。白石容疑者も夜な夜な、歌舞伎町の街角に立って女性たちに声をかけていたが、今年1月、ある事件を起こしている。

「茨城県で違法に営業する風俗店に女性を斡旋し、紹介料を受け取っていたんです。スカウトの世界でいうと、“オンナを風俗に沈める”ことで、カネを得ていた。店が売春させることを知りながら女性を紹介したとして、職業安定法違反の疑いで、逮捕されました」(別の全国紙記者)

 そんな事件を起こしたからなのか、今年夏頃に白石容疑者はそれまで住んでいた池袋のアパートを引き払い、地元・座間に帰ってきた。

「実家でお父さんがダックスフンドを飼っていたそうですが、この夏、その犬が体調を崩してしまったそうです。お父さんは“長男が面倒を見てくれて本当に助かっている”と周囲に話していましたよ」(前出・近隣住民)

◆共犯者がいる可能性も視野に

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン