• TOP
  • 国内
  • 座間事件 白石容疑者を臨床心理士がプロファイリング

国内

2017.11.03 16:00  NEWSポストセブン

座間事件 白石容疑者を臨床心理士がプロファイリング

スカウトマンをしていた白石容疑者の女性に対する心理とは?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、座間事件の白石容疑者の心理状態を読む。

 * * *
 神奈川県座間市のアパート室内で、クーラーボックスなどから男女9人の遺体が見つかるという身の毛もよだつ事件が起きた。死体遺棄容疑で逮捕されたのは白石隆浩容疑者。

 これまでの情報では、白石容疑者がツイッターで自殺志願者を探して、「自殺を手伝う」などと言葉巧みに誘い出していたということがわかっている。アパートに入居したのは8月22日、わずかな期間に9人を殺害、遺体をバラバラにしたという猟奇的な連続殺人事件。だが動機については金銭目的や乱暴目的と、様々な情報が飛んでいる。

 画面に映し出されたカラー写真の顔は、人あたりがよさそうで柔和な印象だ。おぞましい事件を起こした犯人には見えない。そのせいか白黒写真を使う情報番組もある。白黒写真の方が画像が粗くて表情が読めず、目が細く釣り上がって目付きが悪そうで、凶悪な犯罪者というイメージに近い。

 高尾署から送検される様子が1日の朝、生中継で流された。報道陣が待ち構える中、容疑者が乗ったバンが署から出てくる。レポーターが「容疑者はまっすぐ前を向いています」と実況中継した。陽の光が車の窓に反射していて、画面では車中の様子は伺いしれない。まっすぐに前を向いているという容疑者の様子を聞いた時は、この事件は快楽殺人なのかと思った。

 というのも、過去の連続殺人事件の逮捕時の写真を見てみると、快楽殺人犯の多くは、向けられたカメラの前で隠すことなく顔を上げている。その様子はふてぶてしくもあり、時には開き直っているようにすら見える。彼らには犯した罪への罪悪感がないからだ。自分を英雄のように感じていた犯人さえいる。

 山口母親殺害と大阪市で起きた姉妹殺人事件の犯人、山地悠紀夫は後部座席に座って顔を上げたまま薄ら笑いを浮かべていた。彼は「生まれてきたのは殺人をするため」と話したという。土浦市で起きた連続殺傷事件の犯人、金川真大は送検時、表情のない顔をまっすぐに前に向け、不満そうに舌の先をチラッと出すと土浦署の階段を下りてきた。2016年、相模原市の障害者施設で起きた大量殺傷事件で、犯人の植松聖被告が見せた得意げで奇異な笑い顔は、まだ記憶に新しい。

関連記事

トピックス