• TOP
  • 国内
  • 出張ホストが語る仕事の意義「抑圧された女性の現状解放したい」

国内

2017.11.04 16:00  女性セブン

出張ホストが語る仕事の意義「抑圧された女性の現状解放したい」

出張ホスト「BLACK SWAN」の人気NO.1ホスト、大島丈氏

 昨今、「女性向けの風俗」が大盛況だという。

「弊サイトに登録しているお店は全国に100店舗弱。この3年で急増しています」

 女性向け風俗の紹介サイト『KAIKAN』の管理人X氏はそう語る。

「現在、月間アクセス数は30万前後。サイトを立ち上げた3年前は月4万程度だったので、実に7倍以上の数字です」(X氏)

 X氏は、こんな観点からそのニーズを解説する。

「ここ数年、女性向けのアダルト動画やアダルトグッズが普及し、性に対する考え方が変わってきました。最近は女性向けメディアで取り上げられることも多くなり、一般的な認知度も高まっています。また、女性の社会進出が進んで自由に使えるお金が増え、美容や趣味以外にお金の使い道を探すようになったことも大きい」(X氏)

 28才の処女が女性向け風俗デビューを果たすまでを描いた実録コミック『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(2016年イースト・プレス刊)は、現在18万部を超える大ヒットになっている。これも多くが「女性向け風俗」に関心を示している証左だといえよう。

「久しく忘れていた人の温もりが、ここにはあるんです」

 出張ホスト利用者のAさんは最近、ホストに恋愛感情を抱いてしまう瞬間さえあると言う。

「ネットでお気に入りの男性の出勤状態を確かめて、他の客のところに行っていることを知ると、嫉妬で気持ちが乱れることもあります(苦笑い)。でも、それも含めて退屈な日常の彩りになっています」

 一方、サービスに従事する男性たちは自身の仕事についてどう感じているのか。

 出張ホスト「BLACK SWAN」の人気NO.1ホスト、大島丈氏はこう語る。

「AVの世界で27年間体を張ってきたので、女性の心に寄り添うことには長けていると思います。ご依頼をいただいた40代のかたで、恋愛と無縁で生きてきた女性もいましたが、真摯な気持ちでリードしているうちに、絶頂も経験できたと心から感謝されました。また他のキャストからは、当店を利用して60代で生理が復活したという話も聞きました。本当にやりがいのある仕事だと思っています」

 同店の客の中には、腕枕をしてほしい、添い寝をしてほしいといった要望も非常に多いという。

「肌の触れ合いを求める女性がいかに多いか、ここで働いているとよくわかります。どこよりも女性の本音が見える場所だと思います」(大島氏)

 同店代表の阿川陽志氏もこう語る。

「私が日頃強く感じているのは、“性欲は男女平等”だということ。男性の場合、性のはけ口が巨大な産業となっており、全国どこに行ってもお金さえ払えば不自由することはない。ところが女性はいまだに抑圧されたままです。この現状を変えたいと願っており、私の店がその一助となれるよう、日々努力しています」

関連記事

トピックス