国内

キャッチ時代の白石容疑者 ギャラ高く筋悪い案件扱った

事件前からネットに顔写真が晒されていた(写真:時事通信フォト)

「白石はこの業界でも筋の悪い“案件”ばかり扱う男でした」──神奈川県座間市のアパートの一室で、男女9人の遺体と“同居”していた白石隆浩容疑者(27)は、20代半ば頃から池袋に住み、主に歌舞伎町で女性を風俗店などに斡旋する「キャッチ」の仕事をしていた。証言するのは、白石容疑者を知る、スカウト業界の男性だ。

「“本番あり”の違法店でもいいから稼ぎたい、という切羽詰まった女の子を狙って紹介していく。まともなスカウト会社なら取引しない話ばかり扱っていた。リスクが高いぶん、ギャラも良かったはず」

 歌舞伎町では路上でのスカウトが一般的だが、白石容疑者のやり方は違っていたという。

「SNSを通じて女の子を引っ張っていた。架空の女の子になりすまして“この誘いに乗って稼げました”という自作自演のサイトを作ったり、風俗業界に流しやすい自殺願望のある子が集まるサイトで狙い撃ちしたり。最近の風俗は身分証の確認が厳しいので、まともなところでは働けない未成年の女の子にも連絡を取りまくっていたようです」(同前)

 今回の死体遺棄容疑での逮捕の5か月前、白石容疑者は別の事件で有罪判決が確定していた。

「今年2月に、茨城県内の風俗店が売春をさせていると知りながら女性を紹介したとして職業安定法違反容疑で逮捕されています。懲役1年2月、執行猶予3年の有罪判決が今年6月13日に確定した。ちょうどその時期に父親に『生きていても意味がない』と打ち明けていたようです」(社会部記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン