芸能

弱小事務所からブレークの防弾少年団「コネではなく実力」

いま韓国でもっとも勢いのある防弾少年団

 今、韓国の中高生に好きなアイドルを聞くと、東方神起でもBIGBANGでもなく、ほとんどが防弾少年団の名前を挙げるという。メンバーはRAP MONSTER(23)、SUGA(24)、JIN(24)、J-HOPE(23)、JIMIN(22)、V(21)、JUNGKOOK(20)の5人だ。

「この1年、ゴールデンディスクアワードやソウル歌謡大賞など、韓国を代表する音楽賞を軒並み受賞し、テレビに出れば視聴率は跳ね上がる。間違いなく彼らが韓国芸能界の中心にいます」(韓国のスポーツ紙記者)

 9月に発売した新アルバム『LOVE YOURSELF 承‘Her’』はアメリカのビルボードチャートで6週連続ランクインし、日本でもオリコン初登場1位を記録。

 デビュー4年目を迎え、世界のミュージックシーンを席巻している防弾少年団だが、一体何がそんなにスゴいのか。

「ひと言でいえば、圧倒的なダンスパフォーマンスと歌唱力、そしてラップ技術です。韓国アイドル全般にいえるのですが、彼らはデビュー前に超過酷な練習生時代を経験しています。1日10時間の練習は当たり前。歌、ダンス、そして語学まで徹底的に叩き込まれてデビューを迎えている」(韓国の芸能関係者)

 そこまでならば、他の韓国アイドルと同じ。特筆すべきは、彼らの所属する「事務所」にあるという。

「ハッキリ言って、無名の弱小事務所です。韓国の音楽界は、東方神起やSUPER JUNIORを擁するSMエンターテインメント、BIGBANGやiKONの所属するYGエンターテインメントといった大手芸能プロダクションがメディアに対して、強い影響力を持っている。小さな事務所で活躍するのは至難です。

 だからこそ、防弾少年団は人一倍努力した。海外に武者修行に行き、メンバー全員が作詞作曲できるようになるまで、貪欲に音楽を学んだ。『コネクションではなく実力で勝つんだ』という意識が極めて強いグループなんです」(前出・韓国の芸能関係者)

 実際、メンバーは「いかにクオリティーの高いステージを届けるか、という一点だけを考えている」と常々公言しており、その言葉通り、彼らのステージは圧巻のひと言。長い下積み時代を経て下剋上を果たした7人は、そのキャラクターも実に魅力的。秀才のリーダーから不思議系イケメン、怪力の末っ子まで、7色の輝きを放っている。

※女性セブン2017年11月23日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン