• TOP
  • ビジネス
  • “東芝の戦犯”西田厚聰氏が初激白「私は佐々木に騙された」

ビジネス

2017.11.18 07:00  週刊ポスト

“東芝の戦犯”西田厚聰氏が初激白「私は佐々木に騙された」

”戦犯”と呼ばれた男が初激白

 石坂泰三、土光敏夫という2人の経団連会長を輩出した名門企業・東芝の不正会計問題は、関与した歴代社長たちの栄光を地に墜とした。なかでも、本来なら石坂、土光に続く財界トップとなるはずだった「テヘランからきた男」の屈辱たるや──同名の評伝を著したジャーナリスト・児玉博氏が、“東芝の戦犯”とまで言われた元社長・西田厚聰氏の本音を丸裸にした。

 * * *
 西田厚聰は、東芝壊滅の責任は自分にはないという。では誰のせいだと言うのか。西田は、2009年に社長職を引き継いだ佐々木則夫の責任を明言した。以下は、西田による佐々木評である。

「僕は佐々木がどんな人間か、あまりね(知らなかった)……。佐々木が(故意に)僕を騙したかどうかは分からないけども、騙されたのは事実だね。あいつは猫をかぶっていた」

「どういう人間かって? もうね、自分のことしか考えない。しかも、自分が一番正しい、自分の考えがなんでもかんでも正しいとする人間ですよ」

「他に後継になれるような人間がいたら、そいつを指名していた」

「全体をドライブさせる人間として選んだ。でも間違いだった。何も成長させなかった」

 西田は佐々木社長時代、すでに東芝の危機に気づいていたという。

関連記事

トピックス