芸能

斉藤由貴が映画で再起、不倫騒動以後も定期的に仕事あった

不倫騒動からの復帰作は『リベンジガール』

 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の出演を辞退するなど、2017年8月の不倫騒動以降は表舞台に姿を見せず“活動自粛”を続けていた女優の斉藤由貴(51)。ところが、実は精力的に映画の撮影に臨んでいた。

 12月23日公開の映画『リベンジgirl』に斉藤は出演。東大を首席で卒業し、ミスキャンパスに選ばれるなど才色兼備の桐谷美玲(28)演じる主人公が、政治家一家の男性に失恋する「挫折」を味わった後、彼へのリベンジを果たすために総理大臣を目指すというストーリーだ。

「斉藤は政治塾の講師で政治家秘書という、主演の桐谷を政治の世界へ導く重要な役どころを演じています。敏腕秘書という設定なので演技中はシリアスですが、撮影を外れると騒動の影響を感じさせないハイテンションで明るくスタッフとも接していました。少し痩せたように見えましたが、かえって“陰のある”切れ者の政治家秘書らしく見えて、ハマリ役だと思いました」(撮影スタッフ)

 この映画を皮切りに、本格的に女優活動を再開するのか──。斉藤の事務所に問い合わせると驚きの答えが返ってきた。

「そもそも芸能活動を自粛していたわけではありません。9月から10月にかけても定期的に仕事が入っており、歌や映画、ネット配信の連続ドラマの撮影などをこなしていました。2018年は1月から3月にかけて映画2本に出演の予定があり、本人は至って元気です」(マネージャー)

 不倫問題での批判をものともせず、スクリーン上で“リベンジ”を果たしたようだ。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト