• TOP
  • 芸能
  • 写真家・七菜乃 「女体はとても美しい。富士山のように」

芸能

2018.01.27 07:00  週刊ポスト

写真家・七菜乃 「女体はとても美しい。富士山のように」

人気モデル・七菜乃(なななの)

 写真展に女性ファンが殺到する人気モデル・七菜乃(なななの)。女体愛好家を自任する彼女は「裸は着衣のひとつ」と言い切り、カメラの前に立つだけでなく彼女自身も写真家として活躍する。

「裸を晒すことにマイナスイメージを抱く人がいらっしゃることは分かっています。でも女体はとても美しいもの。たとえるなら富士山のような、ただそこにあるだけで美しい存在です。だからもっと表に出していきましょうよ、というのが私のスタンスです」(七菜乃)

 そうした姿勢が共感を呼ぶのか、彼女の写真展には女性客が目立って多い。過去に3回、七菜乃の個展を開催した神保町画廊の佐伯千佳代表は言う。

「自撮りヌードもモデルを使ったヌードも、七菜乃さんの写真は女体から生々しさをそぎ取って美しさだけを抽出して表現する。だからこそ女性ファンも多いし、“彼女に裸を撮ってほしい”と名乗りをあげる一般の女性もたくさんいらっしゃるのです」

 これまでアート表現のモチーフとして自身の裸に磨きをかけてきた七菜乃が、今回、“王道”のグラビア撮影に挑戦した。

「昔から雑誌のヌードグラビアを見るのが大好きでした。だってきれいなんだもの。私自身どんなふうに仕上がるのか楽しみです」(七菜乃)

【プロフィール】なななの/特殊モデル、女体愛好家、写真家。ヌード写真の被写体としてモデルを務める一方、自らカメラを持ってセルフポートレートや他の女体を撮影し、作品制作・発表に取り組む。2月1~6日に東京・銀座画廊スパンアートギャラリーにてグループ展を開催。ツイッター:@nana7nano、インスタグラム:@nananano.nano

※週刊ポスト2018年2月2日号

関連記事

トピックス