スポーツ

DeNA筒香嘉智が年上美女と結婚へ 出会いは焼き鳥屋

ハマのスターのお相手は?(時事通信フォト)

 プロ野球12球団は2月1日から一斉に春季キャンプインするが、「日本の4番」は今季に例年以上の“熱い思い”を抱いているかもしれない。侍ジャパンの稲葉篤紀監督は1月23日の会見で、東京五輪の4番に横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(26)を早くも指名した。

 筒香は2016年に本塁打王・打点王の二冠を獲得し、2017年のWBCでは全試合で4番を任された。今「最も三冠王に近い日本人選手」の呼び声も高い。そんな筒香について、年明けからDeNA番記者の間では“不思議な行動”が噂になっていた。

「各球団の主力選手は積極的に自主トレの様子を公開するものですが、今年の筒香は、番記者に練習場所も明かさずに“隠密行動”を取っていたんです。“プライベートで忙しいんじゃないか”という噂が広がり、どうやら結婚間近だという話になったのです」(スポーツ紙記者)

 結婚相手として取り沙汰されたのは、飲食関係の仕事をしている30代半ばの女性。10歳ほど年上の“姉さん女房”になる。女性の知人が明かす。

「彼女はさっぱりした性格で、目のパッチリしたスレンダー美人。人柄の良さからお客さんにとても人気があって、“やり手”として有名でした。出会いは焼き鳥屋だったそうですが、その後筒香選手が彼女のお店に足繁く通うようになったようです。彼女目当ての客が多いのでライバルが多かったんじゃないでしょうか」

 長打を連発する彼らしからぬ“つなぐバッティング”で着実に塁を進め、交際にこぎつけたようだ。ただ、最後に“試合”を決めたのは、やはりここ一番でのフルスイングだった。

「女性は去年の初めに店をオープンしたばかりでしたが、1年も経たないうちに閉めちゃったからビックリしました。本人に理由を聞いたら、“筒香さんと結婚して家庭に入る”というんです。自立した女性だったから驚きました」(別の知人)

 推定年俸3億円の筒香にしてみれば、女性を“マウンド”から引きずり下ろすのはたやすいことだったのだろうか。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン