• TOP
  • スポーツ
  • プロ野球キャンプ 門限破りする“元気な若手”はいる?

スポーツ

2018.02.03 16:00  週刊ポスト

プロ野球キャンプ 門限破りする“元気な若手”はいる?

今でも破天荒な選手はいるのか

 2月1日、12球団は一斉にキャンプインを迎える。選手が各自で行なう自主トレと違い、チームが足並みを揃えるキャンプには「代々伝わる暗黙のルール」がいくつも存在する。例えば、キャンプ中の「門限」は想像以上に厳格だ。

 過去に西武時代の清原和博は門限破りの常習犯と知られていたが、今なら誰かいるのか? ヤクルト、巨人、阪神で4番を打った広澤克実氏が語る。

「門限はどの球団もだいたい午後11時。主力選手でも例外はない。野手は夜間練習が10時まで続くのでヘトヘトですから、その後に外出するのはよほど元気なヤツです(笑い)。

 ネタ探しで宿舎に張り付いている記者を振り切るのも至難の業。キャンプは自分の力をアピールする場ですから、選手はまさに野球漬けです。

 昔は先輩選手との相部屋でなかなか気が休まらなかったが、今は1人1部屋が多い。妻帯者には奥さんや家族を呼んでの外泊も認められている」

※週刊ポスト2018年2月9日号

関連記事

トピックス