国内

千秋の「ママ友見切り」、松嶋の「鬼電」 スマホ作法に反響

「ママ友見切り」発言が賞賛される千秋

 好きな、嫌いな、友達にしたい、したくない…など、さまざまなママタレランキングの常連といえば千秋(46才)と松嶋尚美(46才)。いつも子育て赤裸々トークが話題だが、今回は2人のスマホをめぐる“作法”に注目が集まっている。

 ママ友のグループLINEから抜けられないという主婦の悩みを一刀両断したのは1月26日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演していた千秋。

 ママ友界では、見切りをつけなければどんどんLINEの参加グループは増えるばかり。中学2年生の娘のママである千秋も以前はそんな悩みをもっていたが、「一度抜けたら吹っ切れた」という。そして千秋流マイルールを披露。

 グループに加わった際にあらかじめ「用が終わったら抜けま~す!」と宣言しておくこと。そもそも「苦手だ」と伝えておき、「また何か用があったら言ってください」と明るく言っているという。

 そんな千秋のアドバイスに共感や憧れの意見が殺到。

「千秋さんの言葉で吹っ切れた」(30代主婦)
「早速、招待されたママ友グループLINEで“返信苦手系なのでごめんなさい~”と宣言してみました。スッキリ!」(40代主婦)

 一方の松嶋。目下の悩みは動きが活発になり言うことを聞かなくなってきた6才と4才の幼子のしつけ。

「松嶋さん、最近、友人に紹介されてスマホの『鬼から電話』アプリを使ってみたとか。外出中のカフェで言うことを聞かなかったときに、“鬼から電話や”と聞かせていました。賛否両論あるアプリですが、幼稚園児のママたちにはけっこう人気なんですよ」(松嶋の知人)

『鬼から電話』アプリとは、言うことを聞かない子供に、怖い鬼から電話がかかってくるというもの。

「“そんなに言うこと聞かないと、鬼から電話がかかって来ちゃうわよ”と言いながら『鬼電』アプリを起動させるとスマホから恐ろしい鬼の声で“食べちゃうぞ~~”と聞こえ、画面には怖い鬼の顔が映っているというものです。ダウンロード数は1000万以上と、子育て層に人気のアプリです」(IT系記者)

 松嶋の子供たちも、ハッとした様子を見せ、一瞬静かになっていたというが、子供のトラウマにはならないのか。

幼児教室「どんぐりひろば」を主宰する吉村志穂美さんはこう言う。

「使用はおすすめできません。でも、ワンオペ育児をしているママが頼る気持ちもわかるので、どうしても使うなら『うちの子は本当はいい子なので、鬼になんて渡しませんよ!』などと演技をして、子供を抱きしめ、あくまでママは子供の味方であることを示してください」

 スマホ世代ママたちなりの闘いがあるようだ。

※女性セブン2018年2月15日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン