スポーツ

羽生結弦 ケガ治っていれば、難易度下げても金に最も近い

金に最も近いという羽生結弦

 これまで冬季五輪で日本が最も多くのメダルを獲得したのは地元開催となった長野五輪の10個(金5・銀1・銅4)。平昌五輪では「この記録を上回るかもしれない」と期待するのはスポーツジャーナリストの矢内由美子さんだ。

「近年、日本選手たちは五輪に準ずる世界大会などで各競技、金メダルを数多く獲得している。この結果が五輪に直結するかは微妙ですが、選手たちのレベルが上がっていることは事実。その上、今回は日本と時差のない韓国・平昌での開催。“地の利”を生かせばメダルラッシュは夢ではない。最低でも前回のソチ五輪の8個(金1・銀4・銅3)超えは間違いないでしょう」

 米国のデータ分析会社グレースノート社は日本のメダル獲得数を14個と予想した(2月5日現在)が、冬季五輪に詳しいスポーツジャーナリストたちにもメダルの行方を占ってもらった。

 やはり注目はフィギュアスケート・男子シングルの羽生結弦(23才)だろう。羽生は昨年11月に右足首を痛めたため、ぶっつけ本番で五輪に挑む。前出・矢内さんが羽生の金獲得の可能性について話す。

「けがさえ治っていれば、多少難易度を下げても金メダルにいちばん近い。ソチの金メダリストの彼が、平昌でも金を獲れば、同種目では66年ぶりの五輪連覇という偉業を成し遂げることになります」

 一方で「油断は禁物」と警鐘を鳴らすのはスポーツジャーナリストの折山淑美さんだ。

「本来の演技ができれば問題ないのですが、ちょっとでもミスをすればネイサン・チェン(18才)やハビエル・フェルナンデス(26才)らと大接戦になる。宇野昌磨(20才)を加えた4人が金メダルを争うことになるでしょう」

 昨シーズンの世界選手権では、羽生が金、宇野が銀を獲得。五輪でもワンツーフィニッシュとなるか。浅田真央(27才)がリンクを去った女子の期待は宮原知子(19才)だ。

「今シーズン、大けがから復活。“けがをする前に比べてジャンプや表現力が各段に上がった”との声もあり、メダル圏内にいる」(矢内さん)

※女性セブン2018年2月22日号

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
(写真/GettyImages)
花粉症の薬、安易に服用し続けることのリスク「急に乱暴に」「認知機能低下」の例も
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン